デイトジャスト41(型番:126331)を池袋店で高価買取 | 創業大正9年の須賀質店
失敗しない質屋選び
失敗しない質屋選び

デイトジャスト41(型番:126331)を池袋店で高価買取

最終更新日 2021年2月20日

須賀質店渋谷営業所でロレックスの時計を1,150,000円で買取りました。デイトジャストⅡの後継モデルとして発売されたデイトジャスト41(型番:126331)は、この記事を書いている2021年2月現在発売中の現行モデルとなります。

デイトジャスト126331型高価買取

ロレックスの中でも圧倒的な知名度を誇るデイトジャストシリーズは、モデル名にもなっている日付が午前0時に瞬時に変わる「デイトジャスト機構」、牡蠣のように堅牢な「オイスターケース」、360度回転式ローターによる自動巻き機構の「パーペチュアル機構」とロレックス3大発明全てが搭載されております。

 

スタンダードモデルの位置づけであるデイトジャストシリーズは、現行品も含めて36mmのケースサイズがメンズサイズとなっております。一方、近年は腕時計の大型化が進みメンズモデルは36mm~42mm前後が一般的な大きさともいわれております。

 

ロレックスの人気の1つに「デザインの完成度」があげられます。人気シリーズは何十年も前からデザインが完成されており、細かな変更点以外は現行モデルとオールドモデルでデザインの違いはありません。

デイトジャスト16233買取

デイトジャスト16233型のデザイン

デイトジャストシリーズもデザインの変更はほとんどありませんが、ケースサイズで選択肢を増やすという意図でデイトジャスト41は大きな意味を持ちます。デザインは完成されているが、常に時流を読みユーザーの満足度を上げるあたりが、ロレックスと言うブランドの人気の高さではないでしょうか。

 

今回はロレックスのデイトジャスト41(型番:126331)を高額で売却するポイントを須賀質店が解説します。

 

【 目次 】

☑須賀質店が解説するデイトジャスト41(型番:126331)の高価買取ポイント

 

☑ロレックスのデイトジャスト41(型番:126331)高価買取まとめ

 

須賀質店が解説するデイトジャスト41(型番:126331)の高価買取ポイント

 

今回買取りしたデイトジャスト41(型番:126331)は、ロレックス純正の箱や保証カードがあり、大きなキズや凹みなどがない状態で1,150,000円の査定額となりました。

 

デイトジャスト41(型番:126331)のようなスタンダードモデルはどんなシーンでも気兼ねなく着用する事ができます。今回のデイトジャスト41はジュビリーブレスと呼ばれる5連ブレスタイプで、細かいコマを採用したモデルです。ブレスレットのコマが細かいと繊細な動きが可能になるので、フィット感が向上し着け心地がよくなります。

 

但し、ジュビリーブレスレットはパーツも繊細になるため、3連ブレスに比べてブレスレットが伸びやすくなってしまいます。以前のモデルよりは伸びにくくなってはいますが、ブレスレットが伸びてしまうと交換対応となってしまいますのでマイナス要因となります。

ジュビリーブレスレットの伸びについて

126331型の場合、中3コマは18金が使用されている為費用がとても高額になります。できればブレスレット伸びの症状を避けたいと思われている方に、簡単にできる対策をお伝えします。

 

腕時計の「丁度いい装着感」は好みの部分も大きく、「ピッタリ」した方が良い方と「ゆったり」したい方がいらっしゃいます。

 

ゆったり派の方はそのままで問題ないと思いますが、ピッタリ派の方は少しゆとりを持たせるフィッティングに変えるとブレス伸びを防止する事ができます。

 

人間の腕は日々多少太さが変わり、体調や時間帯によっても微妙に変化します。靴のフィッティングでも「足がむくんでいる時間帯に試し履きした方が良い」と言われる様に、小さい時に合わせてしまうと大きくなった際にキツく感じてしまうのです。

ブレスレットのフィッティングについて

ピッタリ派の方は、「時計が動き回る状態が嫌い」「決まった場所に時計を固定しておきたい」などの意見があると思いますが、ブレスレットに対する負荷は高くなっています。

 

ブレス伸びの大きな原因は、引っ張られるような負荷がかかる事です。日々の着用で常に引っ張られた状態であれば負荷がかかり続けていますし、その状態で手首を捻ると更に大きな負荷がかかります。

 

いかに硬質な金属であっても、常時負荷がかかっていたり、瞬発的に大きな負荷がかかると伸びてしまう事になります。

 

それを避ける為に、ブレスレットの調整を少し緩めに余裕を持たせる事で防止する事ができます。

 

あくまで1つの例ですが、手を机において手首を90度に立てた状態で時計のブレスレットに余裕があれば、ブレスレットにかかる負荷を大幅に軽減する事ができるフィッティングでしょう。

手首を立てた状態で腕時計がきつくないか

この状態でブレスレットがきつくないかを確認

ブレスレット伸びを予防する為には、ゆったりしている程良いと思いますが、あまり緩すぎると時計の収まりが悪く、着用時にぶつけ易くなるなど他の問題も出てきますので、程々が良いでしょう。

 

ブレスレット関連の注意点でもう1点、調整時に外した余りコマは大事に保管しておいて下さい。ご自身のサイズが変わった際に必要な事は勿論、売却時にも必要になります。

 

中古腕時計は買取った後どの様に再販されるのか。日本国内の中古品販売店に並ぶことは勿論ですが、現在では国外に輸出されるケースも大変多くなっています。

 

欧米人など日本人より大柄な人が着用する際は、調整された状態の短いブレスレットではきつくて着用する事ができません。

デイトジャスト41高価買取ポイント

その際、外した余りコマがあれば調整が可能ですが、無い場合は着用する事がでいない為欧米人に販売する事が難しくなってしまいます。

 

こうなると販路が手首の細い人に限定されてしまい、店頭での購入者やオークションでも落札者が限定されてしまいます。

 

競合者が少なくなると価格の競り上がりも期待できなくなりますので、お客様から買取る際も強気の査定を行い辛くなってしまうのです。

 

その他の付属品では、ロレックスの時計では保証書(保証カード)が査定額に影響を与えます。レアモデルや人気スポーツモデルでは数十万円単位で影響を与える為大変重要なポイントです。

保証カードは査定額に直結する

今回買取したデイトジャスト41(型番:126331)の場合、保証書の有無で80,000円程度査定額が変わります。つまり、今回のお品物に保証カードが付属していなかった場合は、買取額が1,070,000円になっていたのです。

 

この差はかなり大きいと思いますので、ご自宅に保証カードがある場合は忘れずにお持ち下さい。

 

 

ロレックスのデイトジャスト41(型番:126331)高価買取まとめ

 

今回の記事ではロレックスのデイトジャスト41(型番:126331)高額買取について説明しました。ジュビリーブレスレットモデルの場合、ブレスレットが伸びやすいので着用時のフィッティングを少し緩めにしてみて下さい。

 

お品物の大まかな査定額を知りたい場合、LINEを使った簡易査定をご活用下さい。LINE査定はお品物の写真を送付できる為、電話よりも正確な金額を提示しやすく、より誤差の少ない査定が可能となります。

ライン査定で問合せしよう

LINEアカウント以外の個人情報を知られる事なく、空いた時間に査定依頼・内容確認ができ便利です。須賀質店でも近年お問い合わせの件数が増加しているサービスですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

新型コロナウイルス流行によって、須賀質店では対面でのやり取りが不要な宅配買取の強化と、店頭の消毒や換気、アルコール消毒材の設置、スタッフの検温など対策を行いお客様のご来店をお持ちしております。

店頭のアルコール消毒材

五反田本店、渋谷営業所、池袋営業所と都内に3店舗あり、全ての店舗が駅から近い立地となっております。スタッフ一同、お客様の大切なお品物を丁寧に査定させていただきます。お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

サブマリーナの買取事例←こちら

 

デイトジャストの買取事例←こちら

 

GMTマスターの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。