欠損した指輪とイヤリングを老舗の質屋が買取しました | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

欠損した指輪とイヤリングを老舗の質屋が買取しました

壊れたプラチナ製品 買取

須賀質店渋谷営業所にて、プラチナの指輪とイヤリングを買取いたしました。

 

画像からもわかるように、今回買取しました指輪とイヤリングは一部が欠損した状態でお持ち頂きました。

 

指輪は、本来であればダイヤモンドや宝石が付いている場所が丸々欠損しているため、買取金額が付かない、付いたとしても1,000円ぐらいなのではないかと思うかもしれません。

 

しかし、今回買取しました指輪は10,000円、イヤリングも6,000円という買取金額をお付けいたしました。

 

今回は老舗の質屋である須賀質店が、欠損した指輪やイヤリングでも買取できる理由を解説します。

【目次】

①欠損した指輪やイヤリングが買取できた理由

②今回買取した指輪とイヤリングの買取金額について

③プラチナの買取相場は急激に上昇しています

④須賀質店はプラチナの買取価格を高額に設定しています。

欠損した指輪やイヤリングが買取できた理由

冒頭でも紹介しましたが、今回買取しました指輪は石座と呼ぼれる宝石などを支える部分が欠損しており、イヤリングはおそらくパール類などが取り付けられていたように見えますが、外された状態でお持ち頂きました。

 

今回買取したプラチナの指輪とイヤリングの場合、買取金額は素材の重さで決まります。

 

カルティエやティファニーなどと言ったブランドジュエリーの場合、買取金額は中古品市場の相場によって決まります。

 

ブランドが製造したものではない、中古品市場ではノンブランドジュエリーと呼ばれる類のジュエリーである場合、買取金額は使用されている金やプラチナの重さで変化します。

 

金やプラチナは、1gあたり〇〇円と、買取金額がgによって決まります。

 

重さによって買取金額が決まるため、例え指輪の一部が欠損していたとしても、イヤリングに付いたパールなどが無かったとしても、買取金額は問題なくお付けすることが可能です。

貴金属の査定をする中で、割れてしまった指輪や切れてしまったネックレスを見ることは珍しいことではありません。

 

特に、ネックレスは細いものも多く、お客様の中にはバッグなどに引っ掛けてしまい切れてしまったという方もいらっしゃいました。

 

一見、切れてしまったり、割れてしまったジュエリーは買取金額が付かない、付いたとしても大幅に金額が変わってしまうと思うかもしれません。

 

しかし、先程もお話したように、ノンブランドジュエリーであれば、デザインや状態に関わらず、買取相場は素材の重さに対してお付けするため、買取金額が変わる心配はありません。

 

もしも、割れてしまった指輪にダイヤモンドなどが付いていた場合でも、ダイヤモンド単体に買取金額はお付けすることができます。

お店によって買取後のお品物の対応によっても変わりますが、須賀質店はダイヤモンドと金はそれぞれ別の販路を持っているため、壊れた指輪にダイヤモンドが付いていた場合でもダイヤモンドにも買取金額をお付けすることが可能です。

 

今回買取しました指輪とイヤリングにはそれぞれ素材を表す刻印があり、指輪はプラチナが全体の90%使用されたPt900、イヤリングは全体の85%にプラチナが使用されたPt850であることが確認できました。

 

次は、指輪とイヤリングの買取金額について紹介します。

今回買取した指輪とイヤリングの買取金額について

プラチナの刻印

今回買取しました指輪とイヤリングはそれぞれプラチナを素材としたお品物でした。

 

ただ同じプラチナでも純度が異なっており、イヤリングよりも指輪の方が純度が高いものでした。

壊れたプラチナ 都内 買取

素材として使用されているプラチナによって1gあたりの買取相場は異なります。

 

もちろん純度が高くなれば買取金額も上がり、より高額な買取金額が期待できます。

 

プラチナの場合、ジュエリーに使用される素材としてはPt850やPt900が多いでしょう。

 

中には更に純度の高いPt950(プラチナが95%使用)やPt1000(純プラチナ)のものもあります。

 

プラチナの場合、純度が高ければ高いほど輝くような銀色になり、純度が低いと段々と暗いい色になる傾向があります。

 

査定員はジュエリーに刻印されている文字を確認しつつ、ジュエリーをじっくりと観察して間違いなくプラチナが使用されているか確認を行います。

刻印があっても確認をする理由は、プラチナの刻印が使用された偽造品が多く出回っているからです。

 

そのため、査定員は刻印のみを信用するのではなく、質感や色味、メッキがけされた痕跡がないかなどを観察して、時には専用の器具なども使用して査定を行います。

 

今回買取しました指輪は欠損していたため、内側の断面も確認でき、色味や質感なども確認してプラチナが使用されていると確信して買取金額をお付けいたしました。

 

今回の買取金額の内容は以下のとおりです。

プラチナの買取相場は急激に上昇しています

上のグラフは須賀質店のPt900の買取金額を月別に並べたグラフです。

 

それぞれの月の最高額を並べており、プラチナの買取金額が2021年に入ってから急激に上昇していることがわかると思います。

 

プラチナの買取相場最近大きく上下を繰り返しており、大きな要因は新型コロナウィルスの世界的蔓延でしょう。

 

そのため、安定資産として知られている金やプラチナの相場は急激に変化しており、現在のプラチナ相場は、2020年10月に比べると1,000円近く上がっていることがわかると思います。

2020年7月から2021年3月のグラフを見ると、ピークは2021年2月であったものの、現在でも高い買取金額をキープしているのがわかると思います。

 

そのため、プラチナ製品の売却を検討されている方は今のタイミングが売却するにはベストな時なのではないかと思います。

 

もちろん、今後も相場が上昇する可能性もあり、中にはまだ様子を見るため売却を先送りにしようと思う方も多いかもしれません。

 

しかし、プラチナ相場の今後を予想することはとても難しく、急上昇したのと同じくらい相場が急下降する可能性も0ではありません。

 

特に、今回の相場変動は異例の動きをしており、新型コロナウィルス蔓延前であれば一日の相場変動は数円、大きくても数十円程度でした。

 

しかし、最近では一日で100円以上相場が変動することも珍しくありません。

 

そのため、次回お客様が売却しようと思ったタイミングでは相場が以前と同じくらいに戻っており、高額で売却できたはずのものができなくなってしまい、結果的にお客様が損をしてしまうかもしれません。

 

そのようなリスクも考えられるため、プラチナ製品の売却を検討されている方は、相場が上昇している今のタイミングをお勧めします。

須賀質店はプラチナの買取価格を高額に設定しています。

既にお話している通り、プラチナの買取金額は1gあたり〇〇円と設定されており、須賀質店は他店に負けないよう買取金額をかなり高めに設定しています。

 

今では数多くのお店がプラチナの買取を行っているため、お客様により利用してもらえるよう価格競争が激しいのが現状です。

 

須賀質店もそんな価格競争の中で、生き残るために何度も買取金額の価格設定を見直し、今の買取金額をご提示しています。

 

その結果、より多くのお客様から、他店よりも高額だから売却したいと言って頂いています。

 

須賀質店は都内で100年以上質屋を営んでいる老舗です。

 

買取店が増え続けている現在でも、他のお店に負けないよう、日々創意工夫を凝らしています。

 

他の買取店の買取金額に満足されなかった方や、金を初めて売却される方など、ぜひ須賀質店をご利用ください。

 

須賀質店であれば、お客様が考えている以上の買取金額を期待することも出来ます。

 

本日のプラチナの買取金額←はこちら

プラチナのネックレス、ブレスレットの買取事例←はこちら

宝石付きプラチナリングの買取事例←はこちら

この記事を書いた人
K.Y
ご覧いただきありがとうございます。私は須賀質店に入社して2年目を迎えます。 出身は長野県で、進学のために神奈川県、新卒で広島県、現在は神奈川県に住んでおり色々な地方を行き来しました。趣味は写真撮影で、様々な場所の風景写真を撮ることが休日の楽しみです。最近の悩みは、5年近く蓄積された写真の影響で、パソコンのデータ容量が足りなくなってきていることです。