失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

グッチ、サングラスを買取

2019年1月10日

須賀質店五反田本店で、グッチのサングラスを買取いたしました。GG157/S型という型番の商品で、横長のレンズに全体は黒に近い青色をしています。夏の定番アイテムとして広まって、海だけでなく街中でサングラスを掛ける方も多くなってきました。高級ブランドのサングラスは、バッグやアパレル品と違い手頃な価格帯である事が多いため、憧れのブランドの商品を手にするのに、まずはサングラスから購入すると良いかもしれません。

 

サングラス、メガネのサイズ表記

 

サングラスやメガネの柄の部分に51□21―135のような数字と記号が入っているのを見た事はないだろうか。この表記は今回お持ちいただいたサングラスに実際に入っていた表記で、これがサングラスのサイズを表しているのです。

 

□の前にある51という数字、これはレンズの幅で、51であれば51mmです。□の後ろの21はブリッジ幅、つまり左右のレンズを繋ぐ部分の長さを表しています。最後の三桁の数字は耳に掛ける柄の長さで、テンプル幅と呼んだりします。

 

普段からメガネやサングラスを愛用している方であればご存知かもしれませんが、知らずに見ると何を意味しているのか分からないのではないでしょうか。

 

グッチ、サングラスの買取

 

サングラスというのは、バッグやジュエリーと比べると、そこまで定価の高い商品ではありません。購入する際には手にしやすい商品だと思いますが、元々の定価があまり高くないという事は買取査定でも高額になる事はあまり無い商品でもあるのです。

 

今回お持ちいただいたグッチのサングラスは、綺麗な状態ではありませんでした。大きなキズや、割れてしまっているといった事はありませんでしたが、全体的に細かなキズが多く、使用感の強いといった感じでした。

 

グッチは人気ブランドではありますが、サングラスという商品である事と状態を鑑みると、買取不可となってしまう可能性の高いお品物でした。

 

しかし、あまりお値段をお付け出来ないにしても、折角来てくださったお客様のために何とか出来ないかと思案し、僅かではありましたがお値段をお付けして買取可能という事でお伝えいたしました。

 

キズが多い事などはお客様のご承知の上であったらしく、買い取ってもらえないかもしれないと思ったと、仰って笑顔でお帰り頂けました。須賀質店五反田本店で、1,000円で買取いたしました。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。