失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ブランド品の小物の買取

2019年5月11日

須賀質店五反田本店で、シャネルのサングラスを買取いたしました。4207という型番で、レンズの表面が鏡のように反射するタイプのサングラスです。耳にかける柄の部分は、布地で装飾が施されていました。

 

シャネルのサングラスの買取

 

シャネルといえば、マトラッセのチェーンショルダー、Wフラップという商品が、正に定番、シャネルで思い浮かぶ商品のド真ん中と言えると思います。特にキャビアスキンという高級素材を使用した物であれば、中古品としても高値の付く、人気商品です。

 

同じシャネルであっても、商品は様々で、定価も様々です。先程挙げたバッグであれば定価は数十万円になるでしょう。そのような高級品はやはり誰でもが購入する事が出来る訳ではありません。そこで、あこがれのブランドの商品を手にするのに、数万円ほどから購入する事の出来るサングラスというのは、ブランド品の入門編としてちょうど良いのではないでしょうか。

 

そして、今回はそんなサングラスの買取となりました。使い込まれてはいるものの、状態は良好で、日頃から大事に使われていたのだと思われます。

 

ブランド品の買取としては、定価との関係もあるので、サングラスはそこまで高値で取引されるお品物ではありません。しかし、先程紹介させていただいた通りに、入門編として購入したサングラスを少しでもしっかりと査定して欲しいと思うのが、人情であるのだと思います。

 

須賀質店ならばと無理に高値をお付けする事が出来る訳ではありませんが、状態が良い事を考慮に入れて、頑張った金額で提示させていただきました。須賀質店五反田本店で、8,000円で買取いたしました。

 

サングラスだけではなく、財布やキーケース等は小物と呼ばれます。バッグと比べると単純に大きさが小さいという事もありますが、小物の定価はバッグよりも安い物が多くなっています。そのため、中古品としての買取金額も小額になりやすく、数千円台のお品物も多くなります。その価格帯であれば、あまり大きく買取額がずれる事は無いのかもしれませんが、だからこそ少しでも信頼出来るお店に任せて売りたいとお思いになりませんか。およそ100年続く質屋である、須賀質店を信頼して頂ければ幸いです。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。