失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

エルメス、ベアンスフレの買取

2019年6月20日

須賀質店五反田本店で、エルメスのベアンスフレを買取いたしました。ベアンはエルメス定番の財布の一つで、そのベアンの札入れ部分にマチを付けより収納力をアップさせたのがベアンスフレです。

 

エルメスの財布の買取

 

日本語ではカタカナでエルメス書いていますが、フランスのブランドであるエルメスの正式なスペルはHERMESとなります。頭文字のHは、エルメスを代表するデザインとなっていて、Hと名の付く商品も多数販売されています。今回のベアンスフレはHとは名付けられていませんが、正面にあるHの形をした金具が特徴の財布となっています。このようなブランドを代表するデザインのお品物は総じて人気の高い傾向にあり、一目見ただけで、どこのブランドなのかが分かる事が人気のデザインです。

 

今回お持ちいただいたベアンスフレは、ある程度使い込まれていて、状態の良いものではありませんでした。表面に汚れやキズが付いている点、小銭入れの内側が黒くなってしまっている点、角が擦れてしまっている点、以上が目立つマイナスポイントになります。このような書き方をしてしまうと、ボロボロの状態であったかのように見えてしまいますが、決してそうであった訳ではありません。しかし、はっきりとマイナスの要素があると言える状態ではあったのです。

 

キズや汚れがあるというのは、財布の買取にとっては致命的なマイナスとなります。もちろんその程度にもよりますが、キズや汚れを直す事が難しいのが革、布製品の特徴であるため、大きくマイナスになってしまうのです。

 

その上で、ベアンスフレであればこのくらいの金額までお付け出来るという設定をして買取をしているのです。先述の通りに、エルメスでも人気のある商品であるため、須賀質店五反田本店で、35,000円で買取いたしました。

 

どんな状態のお品物をお持ち頂いても、精一杯の金額を付けさせて頂いております。例え、壊れている、ボロボロになっているといった状態のお品物であっても、お値段がお付け出来るのであるならば買取らせていただきます。

 

今回のお品物のように、多少汚れているといった状態であればその分高値をお付けする事が出来るので、どんな物でも一度須賀質店の買取査定を試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

この記事の執筆者:MR

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。