失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

カルティエ C2リングを買取

2018年4月3日

図1

須賀質店渋谷営業所でカルティエ C2リングを2万5千円で買取いたしました。サイズは52 素材はWG 重さ7.8gのリングで付属品はありませんでした。世界的に有名なジュエリー、腕時計ブランドであるカルティエのとてもシンプルなリングとなっており男性女性と性別を問わず身に着けることができます。今回はリングの査定のポイントや査定アップのポイントをご紹介したいと思います。

 

基本的な査定方法

 

基本的にリングやネックレスなどの貴金属は素材×重さで買い取り金額を出していきますので、リングやネックレスの素材を確認することが重要なポイントとなります。大まかに金とプラチナとあり、含まれている割合によって18金や22金、Pt850やPt900など名称と1gの金額が変わってきます。確認する方法ですがリングの内側などにK18やPt850と刻印されているのですが、刻印がないものや金やプラチナではないのに刻印が入っているものもありますので、その場合は比重計という専用の装置などを使い調べていきます。ダイヤなどがついている場合はダイヤを査定しその分を金額に足していくのですがダイヤは同じ1.00ctでも1粒なのか複数の合計で1.00ctなのかによって金額が大きく変わってきます。またダイヤの査定はとても難しく人によって査定金額が変わってしまうことがありますので、そうならないよう大きなダイヤがついている場合は、中央宝石研究所などの信頼のおける機関でソーティングを取ってから買取にお持ちになってみてください。

 

ブランドジュエリー

 

ブランドジュエリーの場合一部の製品を除き、ノンブランドジュエリーのような素材×重さと言うシンプルな計算にはなりません。ブランドやその時の流行などによって大きく買取価格が変わってきます。また、今回買取いたしましたカルティエのような世界的に人気のあるブランドの場合コピー品なども多く出回っているため、お店によっては保証書がないと買取をしない所もあります。須賀質店では日頃からオークション会場に出向くなど真贋能力の向上に努めていますので保証書などがなくても対応しています。

 

今回の査定方法

 

今回買取いたしましたカルティエ C2リングですが、サイズが52となっていましたが、このサイズはとても重要なポイントで、大きすぎたり小さすぎると販売する際に人が限られてしまうため査定がマイナスになってしまいます。またカルティエのリングはデザイン状サイズ直しが出来ないことも関係しています。C2リングはダイヤが付いている物はブランドジュエリーとしての価値が上がるのですが今回買取いたしましたC2リングは素材のみでしたので、ノンブランドジュエリーと同じ素材×重さでの買取となりました。

 3335

※上記はダイヤ付きのC2リング ブランドとしての価値が高まる

まとめ

 

須賀質店ではカルティエのリングだけでなく、貴金属や様々なブランドのジュエリー、腕時計、バッグや財布などの小物類などを高価買取しています。

新品未使用品のお品物はもちろん、状態が悪く他のお店でお取引をお断りになられたお品物もできるだけ高価買取させていただきます。 

 

また、現在須賀質店では金やプラチナの買取金額を大幅に上げています。もし他店で納得のいかない場合はぜひ須賀質店へお持ちください。須賀質店のホームページにその日の金、プラチナの買取価格が載っていますので、他社を圧倒する業界トップクラスの買い取り金額を一度ご覧になってみて下さい。

 

須賀質店は都内3店舗で営業していて、五反田、渋谷、池袋にあり、いずれも駅から近い場所にあるのと、創業も100年の質屋という実績と全国のオークション市場の落札結果を収集、分析し高価買取を実現しています。 

 

店頭にお越しにならなくてもお電話で商品名や型番などお伝えいただければ買取査定をお伝えさせていただきますので、お客様のご都合のよろしい時などに、ぜひお問い合わせください。

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げております。

須賀質店のトップページ

須賀質店の買取のページ

須賀質店のカルティエ相場のページ

須賀質店(五反田本店)アクセス

須賀質店(渋谷営業所)アクセス

須賀質店(池袋営業所)アクセス

 

 

 

 

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。