失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金のダイヤと色石付きペンダントを東京の質屋が買取査定

2019年4月11日

須賀質五反田本店で18金 ダイヤと色石付きのペンダントを2万2千円で買取いたしました。

 

18金のリングにダイヤ0.60ct エメラルド0.08ct サファイア0.10ct ルビー0.10ctが付いた重さ8.2gのペンダントで、ハートの美しいデザインとなっており、とても煌びやかなペンダントです。

 

須賀質店では腕時計やバッグ、サイフなどの買取が多いのですが、今回買取いたしましたジュエリーも多くお持ちいただいていて、他店に負けない高価買取をさせていただいております。

今回買取いたしましたペンダントはノンブランドのものでしたが、ブランドジュエリーとは査定方法が違うので、今回はその査定方法の違いについてご紹介したいと思います。

 

質屋が見るノンブランドジュエリー、ブランドジュエリーの査定

ブランドジュエリーの査定の場合はブランドとしての価値があるため、製品としての査定になることが多いです。ノンブランドジュエリーとまったく同じ素材、重さ、デザインでもブランドの価値があるため大きく金額が変わります。

 

今回買取いたしました、ノンブランドジュエリーの場合は「素材の重さ掛ける1gの買取金額」という査定方法になる事が多く、今回のようにダイヤが付いている場合はダイヤを査定して金額に足していきます。

 

今回買取いたしましたペンダントは18金でしたが、同じ金でも含まれている金の割合によって18金、20金、22金など名称と1gの買取金額が変わっていきます。

プラチナも同様でPt850、Pt900など名称と1gの金額が変わるのですが、K18と刻印があるのに18金ではなかったり、18金よりも少ない金の割合の事もあるので細かくルーペを使い確認したり、比重系という専用の装置を使って調べていきます。

 

買取いたしましたペンダントの重さは8.2gでしたので、この重さに、お持ちいただいた日の金の買取金額を掛けていくのですが、買取いたしましたペンダントにはガラスが付いていましてので、このガラスの重さを引いて査定をしました。

デザイン上ガラスを外す事ができないため、見た目でガラスの重さを計算していくのですが、須賀質店にはたしかな査定能力を持ったスタッフがいますので、少しでもお客様に還元できるよう、引く重さはギリギリで計算しています。

 

ダイヤの査定

素材と重さがわかったら、次はダイヤの査定となるのですが、ダイヤの査定はとても難しく、お店や査定する人間によって査定金額が変わってしまう事があります。

須賀質店では日頃から市場に出向くなど真贋能力の向上に努めておりますので、もし他店でダイヤの査定に納得がいかない場合は一度須賀質店にお持ちになってみてください。

 

今回買取いたしましたペンダントに付いていたダイヤは、複数の合計が0.60ctという事でした。

このような小さなダイヤが複数付いているものよりも1粒で0.60ctの方が査定金額は高くなり、1粒で1.00ctを超えると高価買取に期待が出来ます。

 

ダイヤ付きのジュエリー注意点ですが、落としたりしてしまうと、その衝撃でダイヤが取れてしまうことがあります。

ブランドジュエリーの場合は、製品としての査定方法のためダイヤが取れてしまうと本来の金額をお付けすることが難しくなってしまいます。

金額が付かないということはないのですが、場合によってはノンブランドジュエリーのような「素材の重さ掛ける1gの買取金額」という査定方法になってしまうのでダイヤ付きジュエリーの取り扱いには注意してください。

 

まとめ

 

須賀質店ではノンブランドのペンダントだけでなく、ノンブランドのジュエリー、貴金属を高価買取しています。

新品未使用品のお品物はもちろん、状態が悪く他のお店でお取引をお断りになられたお品物もできるだけ高価買取させていただきます。

 

現在須賀質店では金やプラチナの買取金額を大幅に上げています。もし他店で納得のいかない場合はぜひ須賀質店へお持ちください。須賀質店おホームページにその日の金、プラチナの買取価格が載っていますので、他社を圧倒する業界トップクラスの買い取り金額を一度ご覧になってみて下さい。

 

須賀質店は都内3店舗で営業していて、五反田、渋谷、池袋にあり、いずれも駅から近い場所にあるのと、創業も100年の質屋という実績と全国のオークション市場の落札結果を収集、分析し高価買取を実現しています。

 

店頭にお越しにならなくてもお電話で商品名や型番などお伝えいただければ買取査定をお伝えさせていただきますので、お客様のご都合のよろしい時などに、ぜひお問い合わせください。

お客様のお問い合わせ、ご来店を心よりお待ち申し上げております。