失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

メレダイヤのピアスの買取

2019年4月15日

 

須賀質店五反田本店で、18金、ダイヤモンド付きのピアスを買取いたしました。中央のダイヤモンドの周りに同じ位の大きさのダイヤモンドをセッティングする事で、牡丹の花のように見えるデザインのピアスでした。よくあるデザインではありますが、今回のお品物は、ノンブランドジュエリーの中では、ダイヤモンドの質が良かったため、高値での買取となりました。

 

ダイヤモンドの見極め

 

ダイヤモンドの買取を行なう際に、一粒である程度の大きさがあれば、その質を見極めてお値段をお付けしています。しかし、今回のお品物に付いているダイヤモンドのように、小さなダイヤモンドが複数付けられているようなお品物の場合は、一粒ずつにお値段を付けているのではないのです。

 

ダイヤモンド付きのジュエリーには、基本的にダイヤモンドがどのくらい使われているのか刻印が入っているものです。刻印は、カラットという重さの単位で表記されていて、複数のダイヤモンドの合計のカラット数が入っている場合があり、このダイヤモンドはメレダイヤという呼び方をします。

 

このメレダイヤの買取査定をする際には、そのお品物に使われているメレダイヤが、メレダイヤとしていくらお付け出来るのかで金額を出しているので、一粒ずつのお値段ではないのです。

 

金額を付ける判断基準は、一粒のダイヤモンドにお値段を付ける時と変わらないのですが、付ける事の出来る金額はメレダイヤとしてのお値段となるのです。以前、カラット数が大きく刻印されているお品物よりも、数字の小さなお品物の方が高いのは何故かという質問を受けた事がありました。それは、同じような品質のダイヤモンドであれば、メレダイヤの0.6ctよりも、一粒で0.5ctのダイヤモンドの方に高値が付くからです。

 

実際のお品物の査定

 

メレダイヤのお値段の付け方を簡単に解説いたしましたが、実際に今回お持ちいただいたお品物のお値段の解説をしたいと思います。

 

冒頭でも述べた通りに、今回のピアスは、ノンブランドジュエリーのメレダイヤとしては品質の良い物が使われていました。一粒の大きさも大きな方で、内包物の有無や、色、形などキレイな物でした。

 

一粒石のダイヤモンドと比べると、同じカラット数であればメレダイヤの方が大きく安くなります。そのため、あまりにも品質の悪い物や、小さすぎる物ではほとんどお値段の付かない事もあります。

 

左右それぞれ0.34ct、合わせると0.68ctとなります。これと同じカラット数であっても数千円程度のお値段を付ける事はよくありますが、今回は品質が良かったため、メレダイヤだけで11,000円を付けさせていただきました。18金の重さと合わせて、須賀質店五反田本店で、20,000円で買取いたしました。この金額をお付け出来るのは、ダイヤモンドの品質を見極める目を須賀質店のスタッフが持っているからなのです。

 

まとめ

 

大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗でも、100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。