失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

プラチナ(Pt900)製 サファイアとダイヤモンドつきの指輪を五反田本店で高価買取

2019年7月30日

須賀質五反田本店でノンブランドの指輪を12,000円で買取りました。こちらのお品物はプラチナ900製で、0.74ctのサファイアと0.05ctのダイヤモンドがついた指輪となります。

須賀質店では金・プラチナの買取価格を、ホームページにて毎日更新・公開しております。

 

金1gあたりの買取相場↓

https://www.sugashichiya.com/satei/gold/

 

プラチナ1gあたりの買取相場↓

https://www.sugashichiya.com/satei/platinum/

 

ノンブランドジュエリーの場合、歪んだ指輪や千切れたネックレスでも素材や宝石の価値を査定するため、高価買取が可能です。お手元に売却を検討しているお品物がありましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

ジュエリーには査定に必要な刻印がある事を須賀質店が解説します

 

記念日などにパートナーから贈られることも多いジュエリー。記念日や相手へのメッセージ、お互いのイニシャルなどを刻印してもらう事も多いですよね。

 

上記は製品を購入した際に後から彫られる刻印ですが、製品を作る段階で入る刻印もあります。それは素材や宝石の情報を表す刻印であり、質屋などが査定する際にも重要な刻印となります。

刻印の内容は、材質(18金やプラチナ900など)は何を使っているのか、ダイヤモンド等の宝石が付いている場合はその重さはどれくらいなのかを表しており、査定の際にも確認する重要なものです。

 

宝石の重さを表す刻印は「石目」と呼ばれ、「0.59ct」や「D 1.000」などで表されています。

赤丸部分にPt900 0.74ctが確認できます

ジュエリーに取付けられた宝石を外して重さを量るわけにもいきませんし、ゲージを当てても正確な大きさ(重さ)を導き出すことは困難です。勿論、査定員が実際にお品物を目で見て判断するのですが、刻印も参考にする為重要なものになります。

 

ちなみにブランドジュエリーの場合は、ブランド名やマークの刻印、シリアルナンバー、作られた場所や職人の固有ナンバーなどが入る場合もあります。

 

 

須賀質店のシステムについてと、買取・質預かりについてのまとめ

 

須賀質店では鑑定書などの付属品がない状態でも買取させていただきます。しかし大きな1粒のダイヤが付いたお品物等で鑑定書などがあると、より正確な査定金額を提示することができます。

 

今回は買取査定となりましたが、須賀質店では質預かりの査定も行っております。「お金が必要だが品物を手放したくはない」という方や、「売ろうか迷っているが今すぐには決められない」という方は是非質預かりをご検討下さい。

質預かりでは業界最低水準の利息や、各種キャンペーンによってお客様が利用しやすい環境を整えております。一度お預かりしたお品物を簡単な手続きで買取へ変更することも可能です。少しでも気になる場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

創業大正9年の須賀質店は、長年積み重ねてきた実績と確かなサービスを提供いたします。ブランド品や貴金属の中古相場は日々変動します。須賀質店では厳しい教育を受けた経験豊富なスタッフが、最新の相場を反映した独自の相場検索システムを駆使してその日最も高い査定金額を提示します。

五反田本店・渋谷営業所・池袋営業所と3拠点ございますので、お客様が足を運び易い店舗へご来店下さい。お客様の大切なお品物を一つ一つ丁寧に、かつ迅速に査定させていただきます。

この記事の執筆者:HK