失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

宝石の付いたプラチナの指輪の買取

2019年8月8日

須賀質店五反田本店で、エメラルド、ダイヤモンド付きの指輪を買取いたしました。枠の素材はプラチナでPt900、エメラルドの石目が0.37ct、ダイヤモンドの石目が0.23ctというお品物でした。石目というのは、宝石が何カラットかという意味で、基本的には製品に刻印が入っているものです。

 

今回の指輪のように、小さな宝石が複数という付け方をしている場合は、宝石が合計して何カラットなのかという刻印になります。さらに、宝石の種類が二種類以上ある場合は、宝石の種類毎の刻印が複数入っているものです。

 

ノンブランドジュエリーに刻印を入れる理由には、それが貴金属や宝石であるという事を保証する。という意味も含まれているので、ノンブランドジュエリーの刻印というのは買取査定において重要なのです。

 

ダイヤモンド、エメラルド付きの指輪の買取

 

ダイヤモンドもエメラルドも、共に世界四大宝石と呼ばれる物で、誰でもが知っていて、正に宝石の代名詞の二つであると言えます。

 

それだけジュエリーに使われる事も多いため、その全てで品質の良い物が使われているわけではありません。宝石の買取というのは、必ずしも高値が付くわけでは無く、大きさや品質次第ではほとんど値の付かないものなのです。

 

今回は特別質の悪いダイヤモンドとエメラルドであったわけではありません。しかし、中古品の買取として見ると、一粒の大きさ的に値の付けれるものではなかったのです。

 

ダイヤモンドのエメラルドに限らず、品質、大きさを見て値の付けれる宝石であれば、それ相応の高価査定で買取をいたしますが、どんな物にでも。とはいきませんでした。

 

しかし、宝石に値が付かなかっただけであり、枠の部分のプラチナには当然値が付きます。ノンブランドの指輪の買取では、このような査定になる場合が多いので、買取金額が店舗、業者で違う場合は、貴金属の買取価格の設定そのものに差があるからだと思われます。

 

金やプラチナの価格は、毎日のようにニュースで流されていますが、あれは製品としての価格ではありません。実物の金やプラチナの買取となると、どうしても少し下がってしまいます。

 

さらに、金もプラチナも、金属として硬い方ではないため、合金によって強度を上げて製品にしているのです。それが、冒頭に挙げたPt900という刻印、90%のプラチナで指輪が作られている理由なのです。

 

今回の買取価格としては、ほとんどプラチナの価格ではありますが、須賀質店の貴金属の買取価格は他店よりも高額に設定していると自負しております。

 

また、貴金属の買取価格を高値に設定しすぎているため、宝石の分で重さを引いたり、計算上出てしまう端数を切り捨てる事になってしまうのですが、今回の指輪の買取に関しては、値付ける上乗せするとまではいきませんでしたが、ダイヤモンドとエメラルドの分として、計算上出てしまった端数を切り捨てるのではなく、切り上げで買取いたしました。

 

Pt900、ダイヤモンド、エメラルド付きで、4.8gの指輪を13,000円で買取いたしました。

 

貴金属、プラチナの指輪の買取を通して、質屋としてのとまとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時や、いらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。

MR