失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金、Pt900の指輪の買取 刻印が無い時の査定方法

2020年2月22日

刻印の無いノンブランドジュエリーの買取

須賀質店五反田本店で、18金とPt900コンビの指輪を買取いたしました。画像では見づらいかもしれませんが、指輪の内側にK18とPt900という刻印が入っていて、指輪の素材が金とプラチナである事を表しています。

 

本来、ノンブランドジュエリーの場合はダイヤモンド等の高価な宝石が使われていると、その宝石に関する、石目と呼ばれるカラット数の刻印も入っているものですが、今回の指輪にはそれがありませんでした。

 

逆に、ジルコニアのような人口石の場合はカラットでは表さず刻印が入っていないため、石目の刻印が入っている事で、使われているのが高価な宝石であると示す意味を持っています。

 

つまり、石目の刻印が無い場合は、ダイヤモンドではなくジルコニアのような物である可能性が高くなります。

 

石目なしの指輪の買取

 

ジュエリーの刻印に入っている刻印は、ブランド、ノンブランドを問わず、品質を保証しているというような意味を持っています。

 

しかし、高価な宝石であれば必ず刻印が入っているわけではなく、ダイヤモンドであっても刻印の入っていない指輪等の製品はいくらでもあります。

 

しかし、実際に買取査定をするにあたり、刻印が入っていないといった、本来確認しなければならない事が出来ないというのは大きな障害となってしまいます。

 

刻印の無いノンブランドジュエリーの買取それを補完するためには、査定をする人物が自信を持ってダイヤモンドであると言えるような目を持ち合わせていなければいけません。

 

ダイヤモンドかどうかを見極める事は、貴金属、宝石、ジュエリーの買取を仕事としているのであれば、当然出来る事ではあると思いますが、そういった買取査定の様々なポイントで、しっかり判断出来る事が高価査定に繋がるのです。

 

今回の指輪の細かな買取査定についてです。指輪全体の重さは12.0gですが、これには赤い石の部分と、中央の宝石の重さが含まれています。貴金属の部分の重さだけを量る事は出来ないため、大体となりますが、貴金属を10gとして計算をしました。3,310円がPt900のグラム単位の価格で、枠の部分は33,000円となります。

 

刻印で見る限りは18金の部分もあるようなのですが、全体が銀色であるため、正確にどの部分が金でその重さがどのくらいかを出す事が出来ません。買取査定としてはPt900のお値段で出させて頂きました。

 

そして、透明な宝石に付いてですが、これは間違いなくダイヤモンドであると判断いたしました。刻印はありませんでしたが、むしろこのようなノンブランドジュエリーに使われる物としては、大変質の良いダイヤモンドです。

 

石目が無いため、いくら位ダイヤモンドに付けるのかという基準もありませんでしたが、査定員の養ってきた目で、指輪全体の買取を50,000円とさせていただきました。

 

刻印の無いノンブランドジュエリーの買取須賀質店五反田本店で、50,000円で買取いたしました。

 

石目なしの指輪の買取を通してのまとめ

 

実は、どんな物でも買取査定というのは、それを見る人物、判断をする会社の方針等によって金額が違う事をご存じでしょうか?

 

金やプラチナといった、買取金額に差が出難いように見える物でさえ、大きく違いが出る事があります。

 

まずは、須賀質店のホームページの貴金属の買取価格を見て頂きたいと思います。須賀質店のホームページだけを見ても分かり辛いかもしれませんが、どこにも負けない高値で貴金属の買取を行っております。

 

もちろん、貴金属以外にも時計、バッグ等の買取を高価査定で行っております。

 

質屋として大正9年に創業して100年程が経ちました。現在では、本店の五反田の他にも池袋、渋谷にも営業所を構えて、三店舗で営業しております。どのような商品をお持ちいただいても、全店舗で高価査定で買取が出来るように心がけております。

 

さらに、日々変動する貴金属の値段、そして中古品の相場に対応出来るようにシステムを構築して、現在の相場で迅速に買取査定を行えるようにしております。

 

もし何か不要な物がありましたら、ブランド品のバッグ、時計、貴金属、カメラ等々、須賀質店に買取のご用命をお願いいたします。

 

お客様にご満足いただける買取金額と、丁寧な対応でお待ちしております。

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。