失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ロレックス、エクスプローラーⅡ、16570型の買取

2019年2月19日

須賀質店池袋営業所で、ロレックス、エクスプローラーⅡ、16570型の時計を買取いたしました。エクスプローラーは、その名前の通りに冒険者向けに作られた時計です。短針、長針、秒針の3針のみのシンプルなデザインのエクスプローラーⅠは、高い堅牢性と視認性を兼ね備えたモデルです。

 

エクスプローラーⅠの上位機種として登場したのがエクスプローラーⅡです。洞窟等の昼夜の区別が付かない場所でも正確な時刻を把握出来るように、24時間計が搭載されました。現在のエクスプローラーⅡは初期の単純な24時間計では無く、長針、短針とは別の時刻で表示させる事が出来るので、GMT機能となっています。

 

ロレックス、エクスプローラーⅡの買取

 

エクスプローラーⅡの現行型の型番は、216570型となっていて、この型番のエクスプローラーⅡのそれ以前と比べるとサイズが一回り大きくなっています。この変化はエクスプローラーⅠも同様で、現行の型番の214270型は一回り大きくなるのです。

 

今回お持ち頂いた16570型は、廃盤となった、現行の一つ前のお品物です。文字盤の色は白と黒の2種類ありますが、お持ち頂いたのは黒い文字盤の物でした。

 

ロレックスの時計の買取査定では、保証書またはギャランティーカードの有無が重要になります。この2つの違いは、古い物は紙の保証書で、新しい物がカード型であるというだけです。

 

実は、保証書の有無で買取査定の金額に違いがあるお品物というのはあまり多くはありません。基本的には、お品物のそのものにお値段をお付けするので、保証書はあまり関係が無いのですが、一部のお品物の場合は、保証書を含めてコレクターズアイテムというような価値観で見られるため、付属品がある方が高値が付くのです。

 

そして、ロレックスの時計は保証書の有無で買取査定の金額が違う筆頭と言えるでしょう。残念な事に今回お持ち頂いた16570型のエクスプローラーⅡは、箱のみが残っていて保証書はありませんでした。

ロレックスの時計をお持ちの方で、保証書があったはずというような方は、一度探して見ると良いのかもしれません。

 

16570型の時計の買取査定をする上では、これだけではまだ金額を出す事は出来ず、もう一点必要な情報があります。時計本体を見れば分かる事ですが、同一の型番内で、一部新旧で異なる部分があるため、それが新なのか旧なのかも忘れずに確認しなければいけません。ブレスレットの付け根の本体側、ブレスレット側がそれぞれの形状が変わります。今回は両方共古いタイプの物でした。このような確認をして金額をお出しいたしました。須賀質店池袋営業所で、410,000円で買取いたしました。1万円の部分はなんとか高価査定をという事で上乗せさせていただいた金額です。

 

まとめ

 

大切なものや愛着のあるもの、普段から使っているものでもいつか買い替える時やいらなくなる時がくるかもしれません。そんな時に須賀質店いらしていただければお客様のお役に立てる事があると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗にいらして頂いても熟練のスタッフが常駐しています。100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

買取だけではなく、お品物を手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。