失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

チューダー(チュードル)、デカバラ、オイスタープリンス、7964の買取

2020年3月13日

チューダー、7964の買取須賀質店五反田本店で、チューダー、オイスタープリンス、7964を買取いたしました。ロレックスの廉価版で、普及や知名度の向上を目的としたディフュージョンブランドとして誕生しました。

 

特に初期の頃には、ロレックスとよく似たモデルが多かったのですが、近年では独自のデザインが目立つようになってきています。

 

以前は日本に正規店がありませんでした。その頃は、日本語ではチュードルという名前で表記されていたのですが、2018年に日本正規店が誕生した時に、公式としてチューダーが正式なブランド名となり、以降はチューダーとなっています。

 

チューダー、オイスタープリンス、7964の買取

 

現在のチューダーの時計には、ブランドロゴとして盾が使われていますが、以前はブランド名の由来となったイギリス王家の一つ、チューダー家の紋章のバラの花が描かれていました。バラの花のロゴには、大きな物と小さな物があり、それぞれデカバラ、コバラと呼ばれています。

 

チューダー、7964の買取今回お持ちいただいたのは、デカバラのロゴのオイスタープリンス、7964という時計です。

 

基本的には盾のロゴは現在、バラのロゴはアンティークと呼ばれ、デカバラよりもコバラの方が古いモデルになります。

 

ブランドの人気や時計の種類によっては、古い時計はただ古いだけで、単純に安くなってしまう物もありますが、チューダーにはロレックス同様に愛好家が多いため、ある程度アンティークとしての相場が確立されています。

 

お持ちいただいた7964も、古い分だけキズが多く、現在に商品と比べると状態が良いとは言えない物でした。しかし、大きなキズや故障等が無いければ、しっかりとお値段を付ける事が出来ます。

 

さらに、時計本体が壊れていなくても、ブレスレットが伸びる、切れる等してしまい当時の物ではなくなっていたり、社外品の物に交換されている事も多い年代の時計で、ブレスレットが純正であった事が大きくプラスの意味を持ちます。

 

須賀質店五反田本店で、35,000円で買取いたしました。

 

アンティーク、古い時計の注意点をお教えいたします。

 

チューダー、7964の買取以前は、今よりも時計を改造するという事に寛容な風潮であったため、文字盤等を改造する事が流行ったりしていました。

 

偽物のように悪意を持って作られた物ではありませんが、現在の価値基準と照らし合わせると、大幅に査定金額が下がってしまったり、取り扱い自体をお断りする場合が出てきてしまいます。

 

また、古い分だけ今までに故障してしまっている可能性が高く、パーツが純正品ではなくなっている事もよくあります。

 

これらの改造品は、全てが悪い物というわけではありませんが、購入するのであれば、相場と比べると大きく価値が下がってしまう事が多いと覚えておくと良いと思います。

 

チューダー、オイスタープリンス、7964の買取を通してのまとめ

 

実は、どんな物でも買取査定というのは、それを見る人物、判断をする会社の方針等によって金額が違う事をご存じでしょうか?

 

金やプラチナといった、買取金額に差が出難いように見える物でさえ、大きく違いが出る事があります。

 

まずは、須賀質店のホームページの貴金属の買取価格を見て頂きたいと思います。須賀質店のホームページだけを見ても分かり辛いかもしれませんが、どこにも負けない高値で貴金属の買取を行っております。

 

もちろん、貴金属以外にも時計、バッグ等の買取を高価査定で行っております。

 

質屋として大正9年に創業して100年程が経ちました。現在では、本店の五反田の他にも池袋、渋谷にも営業所を構えて、三店舗で営業しております。どのような商品をお持ちいただいても、全店舗で高価査定で買取が出来るように心がけております。

 

さらに、日々変動する貴金属の値段、そして中古品の相場に対応出来るようにシステムを構築して、現在の相場で迅速に買取査定を行えるようにしております。

 

もし何か不要な物がありましたら、ブランド品のバッグ、時計、貴金属、カメラ等々、須賀質店に買取のご用命をお願いいたします。

 

お客様にご満足いただける買取金額と、丁寧な対応でお待ちしております。

この記事を書いた人
R.M
主任
趣味でバッグや財布を作る、須賀質店の古株従業員です。接客業が好きなため、アルバイトをしていた頃から職歴の全てが接客業です。自分でも物作りをするため、高級ブランドの商品の作りの良さに日々感嘆しています。