失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

オメガ 付属品がないスピードマスターマーク40 3520.53型の時計を買取

2019年3月23日

須賀質店五反田本店でオメガの時計を11万円で買い取りました。こちらの時計はオメガのスピードマスターというシリーズの時計になります。「ムーウォッチ」としてオメガを代表するアイテムであるスピードマスターは、1969年に人類で初めて月に降り立ったアポロ11号のクルーが着用していたことから人気が高いシリーズです。その人気の高さゆえ、様々なシーンで着用できるように派生モデルが数多くラインナップされているシリーズです。

 

今回買取したお品物は、スピードマスターの誕生40周年記念として発売された「スピードマスターマーク40」です。

スピマスマーク40の買取

 

スピードマスターマーク40の3520-53型

 

 

3520-53型はカラフルな第一印象を持つアイテムです。文字盤はグレーを主体とし、クロノグラフ針と12時間針は鮮やかな赤色、文字盤外周の日付を指すポインターデイト針は黄色、24時間計は黒/青で色分けしてありますインデックスは白を基調としていますが、アラビア数字表記と言う点も珍しいです。

 

スピードマスターの根幹であるプロフェッショナルは、バーインデックス&モノトーンでデザインを纏めているので、人と違うスピードマスターを探している方にはピッタリではないでしょうか?

 

スピマスの説明

今回のオメガ 付属品がないスピードマスターマーク40 3520.53型査定とクロノグラフの故障について

 

 

今回買い取りしたスピードマスターは、付属品が無い状態でしたが11万円の査定となりました。定番のプロフェッショナルやデイトシリーズに比べれば流通量が少ないですが、スピードマスターシリーズとして中古市場でも安定した人気を獲得しています。

 

クロノグラフ付きの腕時計は、故障が多いので動作確認は丁寧に行います。多い症状として、クロノグラフ針がリセット時に正しい位置に戻らなかったり、30分計が正常に動かないなどのトラブルが多いように感じます。

 

機械式腕時計は細かな部品を組上げた精密機器です。特にクロノグラフ付きは部品点数が多くなるので、日常使用の際は注意して使ったほうが良いでしょう。

機械式ムーブメントの査定

 

オメガ 付属品がないスピードマスターマーク40 3520.53型買取のまとめについて

 

 

今回の記事ではオメガ 付属品がないスピードマスターマーク40 3520.53型の買取について解説しました。この記事を書いている須賀質店では、付属品がない状態でも喜んで買取させていただきます。

 

オメガのスピードマスターシリーズは付属品の有無による買取金額の差は殆どありません。但しブレスレット調整を行って時計本体のブレスレットが短い場合は、調整時に取り外したコマが無いと、再販するときに着けられる方(購入候補者)が限定されてしまうため査定額に影響があります。

 

一般的に高級腕時計としてオメガと同等かそれ以上の人気を誇るロレックスの場合、保証書が有るか無いかで買取金額に差が生まれます。参考までに、スピードマスターと同じくクロノグラフ機構を搭載したデイトナシリーズの場合、保証書の有無で数十万円の差が出るお品物もございます。直接的な金額差が無いにせよ、付属品があれば査定員の印象もよくなりますので、ご自宅にある場合は是非ご一緒にお持ちください。

 

オメガ(取扱い品目一覧)←こちら

スピードマスターの買取事例←こちら

シーマスターの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事