失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

18金3種類の宝石がついた中古の指輪を買取

2019年3月28日

須賀質店渋谷営業所でノンブランドのリングを3万8千円で買い取りました。こちらのお品物は18金イエローゴールドとホワイトゴールドのコンビ素材で、ダイヤモンド・サファイア・ルビーと3種類の宝石で装飾されたお品物となります。

18金リングの買取

 

今回の18金3種類の宝石がついた中古の指輪の査定について

 

 

今回のお品物は18金のコンビ素材と、3種類の宝石がついたお品物でした。この指輪の買取額は、素材である18金に対する査定額のみとなりました。なぜ宝石が3種類もついているのに金の価値のみなのか?について少し説明していたいとおもいます。

 

ダイヤモンドなどの宝石の査定では、まず中古市場において「値段がつく宝石」か「値段がつかない宝石」に分けられます。ジュエリーを新品で購入する場合、販売価格には素材の仕入費・加工費・人件費などの経費・お店の利益・・・など色々な項目が含まれています。タダで仕入れた宝石は殆どないと思いますが、タダに近い低額で仕入れた宝石というものはあるでしょう。そういった宝石については、中古市場でお値段をつける事が難しくなります。

 

また値段がつく種類の宝石でも、クオリティーが低い・大きさが小さい・破損しているなどの場合はお値段をつける事ができない場合もあります。査定額をお伝えした際「○○万円で買った」とお客様より購入額を伺うことがあるのですが、購入額は中古品の査定では関係がありません。お客様に満足して頂けるように高額査定を心がけておりますが、購入額との開きはどうしても大きくなってしまう事が多いようです。

 

宝石の査定は実際に拝見しないと金額をお伝えする事が難しいのですが、金やプラチナについては日々変動する相場に基づいて査定しております。素材の種類と重さ(宝石つきの場合は石の重さは除く)が分かれば「1gあたりの買取金額」をホームページで公開しておりますので、おおよそ値段は調べることができます。

 

プラチナ1gあたりの買取相場↓

https://www.sugashichiya.com/satei/platinum/

 

金1gあたりの買取相場↓

https://www.sugashichiya.com/satei/gold/

 

 

18金3種類の宝石がついた中古の指輪の買取のついてのまとめ

 

 

今回の記事では18金3種類の宝石がついた中古の指輪買取について解説しました。スリーカラーの18金は色によって買取金額が変わる?とお問い合わせを受ける事もありますが、この記事を書いている須賀質店では18金は全て同一価格で買取を行っております。

 

宝石については上でも触れた通り、「値段がつく宝石」か「値段がつかない宝石」の判断を行い、値段がつく場合は宝石のスペックを判断して査定額を決めていきます。

 

貴金属のジュエリーは多くは金(ゴールド)やプラチナ素材で、宝石がついているお品物も大変多くあります。須賀質店で取扱っているお品物での話になりますが、宝石付きジュエリーで半分程度は査定額をお付けする事ができないお品物です。

 

その場合は貴金属に対する査定額となりますが、須賀質店では貴金属の買取価格を業界最高レベルにまで上げておりますので、売却をお考えの際はお気軽にご来店下さい。

金の査定相場←こちら

金買取(取扱い品目一覧)←こちら

18金リングの買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。
おすすめ記事