パテックフィリップ 革ベルトのゴールデンエリプスを買取 | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

パテックフィリップ 革ベルトのゴールデンエリプスを買取

須賀質店五反田本店でパテックフィリップの時計を33万円で買い取りました。こちらの時計はゴールデンエリプスというシリーズの時計です。1968年に誕生し、誕生から50年以上の歴史を持ったアイテムです。

 

イエローゴールド製のケースに手巻きムーブメントを搭載し、ブラウンのレザーストラップを備えた外観はとてもお洒落な感じです。細部の仕上げも丁寧で非の打ち所がなく、程よく手元で主張してくれる上品な腕時計ですね。

パテックフィリップの買取

 

パテックフィリップは長く使えるの?

 

 

世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられることが多いパテックフィリップは、時折雲上ブランドとも表現されます。創業は1839年で、自社の時計は「永久修理」を宣言しています。つまりは、パテックフィリップの時計であれば、お祖父ちゃんから譲り受けた大切な古い時計であっても、永久的に修理してくれるという事です。時には部品を作り直して修理代が高額になるケースもあるようですが、メーカーが永久修理を宣言している事は長く使う事を考えると(子供や孫に譲っても)安心できますね。

 

 

査定には純正品のベルトやバックルなども一緒にお持ち下さい

 

 

今回買取したパテックフィリップの時計は、付属品がない状態で33万円の買取査定となりました。

 

今回の様にレザーストラップの腕時計の場合、ベルトや尾錠・バックルが純正品かどうかで査定額がかわる事があります。

 

「古くなったから社外品だけど新しいベルトに変えてきたよ」とお持ちになるお客様もいらっしゃるのですが、その際は交換した古い純正品もお持ちになる事をオススメします。

 

レザーストラップは消耗品ですので古くなったら交換するものですが、なるべく買った時の状態に近いお品物の方が高値で取引される傾向にあります。もちろん「純正のレザーストラップは買って直ぐに交換して未使用」という場合は、査定員も強気の査定がしやすく高額査定に繋がりやすくなります。

 

 

パテックフィリップ 革ベルトのゴールデンエリプス買取についてのまとめ

 

 

今回の記事ではパテックフィリップ 革ベルトのゴールデンエリプス買取について解説しました。この記事を書いている須賀質店では数多くのパテックフィリップの時計を取り扱って参りましたが、珍しいお品物でパテックフィリップのカフスの買取事例もございます。下にリンクがありますのでご興味のある方は是非ご確認ください。

 

須賀質店では買取は勿論、質預かりのお取引も行っております。質預かりの最大の特徴はお品物担保にお金を借りるという点で、大切なお品物を手放さずに済む点です。借りている元金と期間に応じた利息をお支払いいただければ、預けていたお品物をお持ち帰りいただけます。

 

また、元金の返済が難しい場合や、質預かりの契約後にお品物が不要になった際は、3か月の契約終了時に質流れにする事も可能です。質流れにするとお品物をお持ち帰りになる事はできませんが、元金を返済する必要もなくなります。借金のように返済を迫ったり取り立ての様なことも一切ありません。利息を払って質契約を延長する事もできますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

パテックフィリップの時計買取事例←こちら

パテックフィリップの財布買取事例←こちら

パテックフィリップのカフス買取事例←こちら

この記事を書いた人
H.K
主任
入社前からの腕時計好きで、お客様と時計談義に花を咲かせることも多々あります。 また私の知らない情報をお客様から教えていただくことも多々あり、感謝しております。 現在は時計・貴金属・バッグをはじめ、スマートフォンやパソコンなど質屋ではあまり扱わない電化製品の査定スキルも習得致しました。