失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン新品のバッグを買取

2019年4月16日

須賀質店渋谷営業所で、ルイヴィトン、モノグラム、ネオノエ、M44021型のバッグを買取いたしました。ルイヴィトンに以前からあるノエというバッグの新タイプ、それがネオノエです。巾着型のショルダーバッグで、ネオノエが登場したのは、2017年でした。マスターズという変わり種のコレクションからも、ネオノエは登場していて、モネの描いた絵画をモチーフに、現代アーティストのジェフ・クーンズ描いた絵をプリントした、M53500型というのを須賀質店で買取をした事がありました。

 

中古品の買取、定価と比べて

 

中古品の買取価格の基準の一つに定価の何割であるか、という考え方があります。例えば、古着を古着屋で売る時には、定価の1割くらいで売れると言われています。

 

中古品としての相場とお品物の状態を一番の基準に、買取査定を行っているので、必ずしも定価の何割と考えている訳ではありませんが、買取価格と定価を比べる事で色々な事が分かるのです。

 

人気のある商品であれば、その分定価と比べ、高い割合での買取となります。また、定価よりも高値もしくは同程度の金額の買取となれば何らかのプレミアが付いていると考えられるのです。

 

ルイヴィトンのバッグの買取

 

今回お持ち頂いたルイヴィトン、モノグラム、ネオノエ、M44021型は、ほとんど買ったままの状態でお持ち頂きました。数回は箱から出したとおっしゃっていましたが、私が見た限りでは新品と変わらない状態でした。

 

新品の状態であるとはいえ、ルイヴィトンで販売されて以降は二次流通、つまりは中古品となります。よほどレアな物で無いかぎりは、新品で購入出来る物をわざわざ中古品で購入する人はいないでしょう。中古品を購入してもらうには販売価格を定価よりも下げなければいけないのです。M44021型の定価は、およそ18万円ほどです。

 

どんなに頑張ってもこの18万円という金額を超えた金額では買取は出来ません。先程申し上げた通りに、古着は定価の1割で売れると言われています。その上で、新品のルイヴィトンのバッグは定価の何割、いくらでの買取となったのでしょうか。定価の7割超え、130,000円で買取いたしました。須賀質店が、ブランド品の買取を得意としているため、人気のあるルイヴィトンの買取という事で付けたお値段となっています。

 

まとめ

 

購入したけれども使っていない物はありませんか?そのままタンスの肥やしにしているだけではもったいないと思いませんか?そんな時に須賀質店いらしていただければ、お客様のお力になれると思います。大正9年創業で、およそ100年続く須賀質店では、池袋、五反田、渋谷どの店舗でも、100年で積み重ねたデータと、最新の相場を駆使してお客様に満足していただける買取査定が出来るように日頃から研鑽を重ねていますので、是非一度、買取査定だけでもいらしてみてください。また、電話のお問い合わせも受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

 

お品物を手放してしまう事に抵抗を感じるのであれば、買取だけではなく、手放さずに一時的に現金化する質入れという方法もございます。お預かりしたお品物に応じた金額をご融資いたしますので、様々な状況に合わせて須賀質店にご相談ください。