失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

ルイヴィトン、お財布の買取

2019年3月5日

須賀質店五反田本店でルイヴィトンのお財布を買取させて頂きました。今回買取しましたお財布はマゼンタとブラックのツートンカラーのものでした。

 

時代のニーズに応えたルイヴィトン

 

ルイヴィトンは1850年代にパリで創設され、創設時当初は旅行鞄専門店として展開していました。当時は馬車を使用した移動が主流でしたが、時代に先駆けたルイヴィトンは、今後の交通手段が蒸気機関にシフトすると読み、機関車などで荷台に積み上げることができるよう、当時作られていた旅行鞄より軽くて丈夫なトランクケースを作りました。読み通り、時代は蒸気機関へと移行し、ルイヴィトンのトランクケースは注目を集め、現代まで続く高級ブランドの幕開けとなりました。

 

現代でも、高級ブランドの第一線で活躍するルイヴィトンは、時代のニーズに合わせた商品展開を行なっています。お財布一つを取っても、ファスナー式や、二つ折り、さらにはがま口デザインなど、数えきれないくらいの種類を生み出しています。

 

ルイヴィトンは流行が常に変化する現代において、世界中の人から注目されるものを生み出し続けているブランドです。

 

今回の査定について

 

今回買取しましたお品物は、革にエナメル加工が施されているため、通常の革のみの素材よりも汚れや水に強いです。色合いもマゼンタとブラックを組み合わせ、エナメル素材が生み出す光沢も相まって上品なデザインに仕上げられています。ファスナーの持ち手部分は、ルイヴィトンの伝統とも言えるモノグラムラインが使用されています。

 

お財布を始め革製品の高額査定のポイントは、状態です。外観はもちろんの事、内部のコインケースは汚れていないか、カード入れは傷んでいないかなどを確認します。使用した事があるお品物ですと丁寧に持ち歩いていても、小銭やカードの出し入れが、傷や汚れの原因に繋がります。

 

同じブランドのお財布だからといって一律の金額ではなく、お品物の状態によってお値段は変化します。さらに新しいものが必ずしも高いというわけではなく、昔に購入された古いものでも、あまり使用せず大切に保管されていれば、高額査定に繋がる可能性は充分にあります。

 

今回買取させて頂いたお品物は、外観に細かなスレなど若干の使用感があり、新品同様とは判断できませんでした。しかし内部には目立ったキズがなく、汚れやすいコインケースも綺麗だったことなど、全体的に見て状態が良いものだと判断して3万円で買取させて頂きました。

 

最後に

 

須賀質店は、五反田、渋谷、池袋にそれぞれ店舗を構えています。どの店舗も駅から近い場所にあり、取り扱い商品もブランド物のバッグや、貴金属、ルースダイヤなど多種多様です。箱や保証書といった付属品などが欠けていてもお値段がお付けできるものは多いので、付属品がないからと言って諦らめてしまうのは早いです。

 

また、自分が持っているものが、どのくらいの価値があるものなのか分からないものや、他のお店では断られてしまったお品物も、一度須賀質店へお持ち下さい。店舗には常日頃から相場の状況を観察し、オークションに足を運び最新の情報を集めている査定員が常駐しており、お客様に満足して頂けるお値段を迅速に提示させて頂きます。

 

ご来店をお考えの方は、お電話、メール、LINEで質預かり、買取査定の問い合わせを受け付けております。質預かりのシステムや、取り扱い商品など、気になることがありましたら、お気軽に須賀質店までご連絡下さい。