ZENITH

ゼニス(取扱い品目一覧)

デファイエクストリーム、デファイクロノエアロ、クロノマスターTオープン、クロノマスターエルプリメロなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ゼニス
創業 大正 9 年の老舗ゼニスの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではゼニス(ZENITH)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ゼニスの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。
ゼニスの時計にはグランドクロノマスター、クロノマスターXXTオープン、デファイクラシック、デファイエクストリームオープン、パイロットビッグデイトなど、多数の種類の時計があります。
また、ゼニスには複雑機能の時計も存在しエルプリメロ トゥールビヨン、ローズゴールドモデル,クロノグラフなどがありますが、このような複雑高級時計も取り扱っているので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ゼニスの時計はマニュファクチュールとしての評価が高いので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。
ただし、ゼニスの時計の中でも人気のある時計とそうでない時計と分かれるので、人気の状況については、ぜひご相談ください。人気のあるゼニスの時計であっても、高い査定価格が付けられるうちに買取、質入れをされることをお勧めします。買取か質入れか、迷うようであれば、須賀質店はどちらでも対応できるのでぜひご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ゼニスの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ゼニスの査定相場

下記のゼニスの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のゼニス買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のゼニス質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ゼニス 取扱い品目一覧
デファイエクストリーム
DEFYEXTREME
クロノマスター
CHRONOMASTER
ポートロワイヤルVエリートGMT
PORTROYAL
クラスエルプリメロ
CLASSELPRIMERO
ゼニスの査定のポイント
ゼニス(ZENITH)について

1865年に若い時計技術者が、スイスのロックルに時計工房を創業します。彼の名はジョルジュ・ファーブル=ジャコ、この会社が現在のゼニス(ZENITH)です。彼は、より高性能で高精度の時計を効率的に生産したいという思いで創業したといわれています。
ジョルジュ・ファーブル=ジャコは、それまでの時計製造の過程が、一人一人の時計職人が家で作業をする方式を改め、一カ所の大きな工場に職人を集めて作業を分担し、効率的な仕事の進め方を導入しました。この方式でリーズナブルな高品質時計を量産した結果、この工場は10年で1000人を採用するという大型時計工場にまで成長しることになります。当時は、時計製造の大型工場など珍しかったために、その様子を「当時のル・ロックルでは労働者の3人に1人はジョルジュの工場で働いていた」とまでに、言われるようになりました。

ゼニス社としてのスタート

「ゼニス(ZENITH)」とは天頂を意味する言葉で、最初から社名に使われていたわけでなく、1900年に発表された懐中時計の新型ムーブメントに付けられていた名前でした。このムーブメントは同年のパリ万博において金賞を受賞するなど、当時の時計業界に大きな驚きを与えた時計となったこと、1911年に創業者のジョルジュ・ファーブル=ジャコが引退したことなどから、社名がゼニスに改められました。
日本でのゼニスは、海洋や鉄道、航空など仕事で時計を携える人たちから精密時計としての評価が高く、昭和初期には国鉄の職員がゼニスの時計を正式採用されて使用するようになりました。大正時代に初めて日本に輸入されたころには、ゼニスはフランス読みで「ゼニット」と呼ばれていたようです。

ゼニスに社名を変えてからも、高性能のムーブメントを造り続けてきた同社は、1969年に機械式自動巻きクロノグラフの腕時計を完成させて、世界の時計メーカーから一歩抜きんでた存在になりました。
ゼニスが作り上げたムーブメントは「エル・プリメロ」と名付けられました。これはスペイン語で「最初」という意味ですが、同時に「最速」「最高」をといった意味も含んでいることは想像に難くありません。

エル・プリメロの誕生

エル・プリメロは機械式であり自動巻き上げ機能を搭載しているうえに、36,000振動のハイビートが採用されています。これは1秒間にテンプが10振動する計算になり、現在の機械式時計のビート数が28,800振動 1秒間に8振動であることを考えると驚異的な性能です。
時計の精度を高める一つの手法として、テンプの回転数の上げるという方法があります。時計の機械の音を聞くと「チッチッチッチッチ・・・」と、テンプが回転する音が聞こえますが、これを早めて「チチチチチチ・・・」としたのがエル・プリメロといえます。これがどれほどの素晴らしい進化かと言えば、エル・プリメロによって10分の1秒が計測可能なクロノグラフ機能の時計が作れることになるのです。
ただし、テンプの回転数を上げることで精度は上がりますが機械の負担が大きくなるので、採用するメーカーは無かったのですが、ゼニスはこの問題に、組み上げ作業時に特殊な潤滑油を採用することで機械の負担を軽くしているといわれています。
エル・プリメロはその後、初期のロレックスデイトナにも供給されるなど、ゼニスの信頼と機械メーカーとしての名声はとても大きなものになりました。