CHOPARD

ショパール(取扱い品目一覧)

ミッレミリアGMTクロノ、ハッピースポーツ、ハッピーダイヤモンドなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ショパール
創業 大正 9 年の老舗ショパールの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではショパール(CHOPARD)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ショパールの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

ショパールの時計にはハッピーダイアモンド、ハッピースポーツ、インペリアーレ、LUCクロノワン、LUCクラシックツイン、ミッレミリアGMTクロノ、グランプリモナコなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。ショパールの時計には、複雑機能を組み込んだL.U.C トゥールビヨン QF フェアマインド、L.U.C 1963 トゥールビヨンなどがありますがが、こうした珍しい時計であっても買取、質入れできるので、他店で買取価格や質入れ価格を出せなかった場合などはぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ショパールの時計は宝飾メーカーのイメージが強いですが、マニュファクチュールとしての確固たる実績があるメーカーなので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、モデルによっては高価査定を付けずらい商品もあるので、詳しくは須賀質店スタッフまでご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ショパールの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ショパールの査定相場

下記のショパールの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のショパール買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のショパール質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ショパール 取扱い品目一覧
ミッレミリアGMTクロノ
MILLEMIGLIAGMTCHRONO
ハッピースポーツ
HAPPYSPORTS
ハッピーダイヤモンド
HAPPYDIAMOND
ショパールの査定のポイント
ショパール(CHOPARD)について

ルイ-ユリス・ショパールはスイスのベルン州 ソンヴィリエで農家の子供として生まれました。ソンヴィリエはジェラ山脈のスイス側に位置しており、当時の典型的な農村で、農家の副業として時計製造も盛んにおこなわれていました。もっとも盛んだったときはソンヴィリエだけでも15の時計メーカーが存在するほどでした。

1860年のこと、ルイ-ユリス・ショパールは自身の時計工房を立ち上げ、24歳という若さで時計職人としての名声を獲得することになります。その功績は、芸術品と見間違うほどの美しさを備えたデザインの時計を製作し、また国内外に販路を広げ、ロシア皇帝ニコライ2世などの著名な貴族をユーザーとして取り込んだことです。
このころは、精度の高い信頼性を備えた時計が求められていて、ルイ-ユリス・ショパールは、その要望に応えるように独創的なクロノメーターと懐中時計を製作するとともに、その技術水準を引き上げる努力を惜しみませんでした。

ショパールの時計はスイス製の時計の中でもひときわ高い信頼性と品質を保っていたので、設立から早々にして「スイス連邦射撃祭」と「スイス鉄道」に時計を供給する独占メーカーに選ばれることとなりました。

ショパールのジュネーブ移転

ルイ-ユリス・ショパールが設立したショパールはやがて息子のポール-ルイへと受け継がれることになります。1937年のこと、息子のポール-ルイは時計業界の今後の発展を考えたときに、世界の顧客に密な関係を築くためには、高級時計製造地であるジュネーブへの移転が欠かせないものであると判断し、会社の移転を決断します。ジュネーブに移転してからのショパールは、ジュネーブの地の利を生かして高度な技術を駆使することが出来るようになり、精度の高い時計を生み出すメーカーとしての名声を得ることが出来ました。

ショパールの経営転換

ジュネーブへ移転したショパールは順調に時計メーカーとして成長を続けて、会社はやがて3代目のポール-アンドレ・ショパールへと受け継がれます。ポール-アンドレが70歳になった時に自身の勇退を考えましたが、ここで彼の息子たちが会社を引き継ぐ意思のないこと知り、会社 ショパールの買手を緊急で探し始めました。最終的に買い手として浮上したのは、ドイツを拠点にして時計とジュエリーを扱うカール・ショイフレという会社です。当時の社長 カール・ショイフレ3世はポール-アンドレと長い期間かけて話し合い、経営者としてもクリエイターとしても共通の想いを確認し、お互い手を組もうということになったのです。

カール・ショイフレという会社は、1904年に初代カール・ショイフレが設立した会社で、ドイツのフォルツハイムで宝飾品と時計の製造メーカーで、同社の製品はアールデコ様式のデザインを取り入れた時計やジュエリーが多かったのです。この3代目であるカール・ショイフレ3世は、スイス製品の品質の高さに大きな関心を寄せていて、1963年、今後の事業継続を成功させるためには、スイスブランドの取り込みが必要であると決断します。この頃に、ショパールの買収話が彼の耳に入り、すぐさまにショパールの工房を訪れたカール・ショイフレ3世は「窓に面した作業台に向かって作業するショパール氏を見たとき、この2社の合併がうまくゆく予感がした。ショパール氏といろいろな話をして、これがただしい結論であると確信しました」と、後に語っています。