BLANCPAIN

ブランパン(取扱い品目一覧)

フライバッククロノ、トリロジー、レマンなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ブランパン
創業 大正 9 年の老舗ブランパンの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではブランパン(BLANCPAIN)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ブランパンの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

ブランパンの時計にはLレボリューション、フィフティファゾムズ、ヴェルレウルトラスリム、ヴェルレクロノグラフ、コンセプト2000トリロジーGMT、レマンなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。ブランパンの時計には、複雑機能を組み込んだルブラッシュというモデルがありますが、こうした珍しい時計であっても買取、質入れできるので、他店で買取価格や質入れ価格を出せなかった場合などはぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ブランパンの時計は、機械式腕時計へのこだわりの強い世界最古の時計メーカーの製品であることから、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、ブランパンの時計の中にも高額査定できるモデルとそうでないモデルがあるので、モデルにより査定価格の違いは一度ご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ブランパンの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ブランパンの査定相場

下記のブランパンの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のブランパン買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のブランパン質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ブランパン 取扱い品目一覧
フライバッククロノ
FLYBACKCHRONO
トリロジー
TRILOGY
レマン
LEMAN
ブランパンの査定のポイント
ブランパン(BLANCPAIN)の時計について

時計メーカーとしてのブランパンは、1735年に創業された、世界最古の時計メーカーと言われています。時計ブランドはたくさんありますが、パテックフィリップが1839年創業、ヴァシュロンコンスタンタンが1755年創業、ブレゲが1775年創業ということを考えれば、ブランパンが世界最古の時計メーカーと言って間違いありません。
1735年、ジャン=ジャック・ブランパンによって時計メーカー ブランパンは誕生します。当時はまだ時計産業は盛んではありませんでしたが、ブランパンはこの産業が発展することを見越して、スイス ジュラ地方 ヴィルレ村の農家の2階に時計工房を構えて、時計の製造に着手します。当時の時計製造は、農家の副業として手作業で行われていたので、このような場所に工房が作られたのでした。
最初はあまり注目されることがなかったブランパンの時計ですが、やがて知名度があがり販売個数が多くなるようになりました。

世界最古の時計メーカーとし長らく懐中時計を製造していたブランパンは、1815年に創業者から数えて4代目のフレデリック・ルイ・ブランパンによって、近代的な時計メーカーへ変化してゆきます。それは、農家の副業的な時計産業から、機械化されて数量を製造できる量産体制が確立されたということです。また、パーツの進化にも力を注ぎ、特にアンクル脱進機の開発は、その後の時計製造を大きく変える革命的な開発でした。
4代目のフレデリック・ルイ・ブランパンの時計製造方法の革新から50年後の1865年には、スイスのスーズ川のほとりに新しい工房を建築、製造方法を更に近代化し、高級化と量産化の両方を実現するようになります。なお、スーズ川のほとりに工房を建てた理由ですが、川の流れを利用した電力の供給を考えたからで、いち早く製造工程の電力化に取り組んだブランパンの意気込みが感じられます。
時計製造のパイオニア的存在になったブランパンは、1926年に世界で最初の自動巻き腕時計を時計技術者ジョン・ハーウッドと共同で製造します。さらに、その4年後の1930年には世界最初の女性用自動巻き腕時計「ロールス」を発表するなど、ブランパンの活動は時計業界を常に衝撃と驚きを与えてきたのです。

ブランパンの危機

1735年の創業から200年ちかくもの間、ブランパンは時計業界のパイオニア的な存在であり続けて、その組織のトップはいつも創業家一族で継続されてきました。しかし、1932年のこと、当時の社長
フレデリック・エミル・ブランパンが亡くなったことで、この流れが途切れてしまいました。その理由はフレデリック・エミルには娘が一人いるだけで、この娘はブランパン一族が2世紀にもわたって継続してきた時計製造には、まったく関心が無かったからでした。幸いなことに、フレデリック・エミル・ブランパンの助手であったベディ・フィスターとアンドレ・レアルがブランパンを買収し「レイヴィル・ブランパン」として経営を引き継ぐこととなり、ブランパンの名が消滅することはなくなりました。

レイヴィル・ブランパンとして復活

1950年に入ると機械式時計の需要は大きく増加し、レイヴィル‐ブランパンは年間10万本もの時計を製造する巨大なメーカーへと成長していました。需要をさばききるために1950年代後半にはスイス時計生産組合に加盟することでオメガ、ティソ等のメーカーと対等の地位を獲得し、さらに販売本数を伸ばすこととなりました。ブランパンの販売数増加は1970年代に入るまで続き、この流れは永遠に続くのではないかという幻想までも感じられるようななりました。