VACHERON

ヴァシュロン(取扱い品目一覧)

オーバーシーズ、オーバーシーズクロノグラフ、メルカトールなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ヴァシュロン
創業 大正 9 年の老舗ヴァシュロンの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではヴァシュロンコンスタンタン(Vacheron Constantin)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ヴァシュロンコンスタンタンの時計であれば、附属品や箱、保証書が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。
ヴァシュロンコンスタンタンは、オーヴァーシーズ、マルタ、トラディショナル、パトリモニー、ケ・ド・リル、ヒストリーク、ロイヤルイーグル、アシメトリカルなど、たくさんの種類の時計があります。また、時計の材質、ダイヤの有無別に数えると、驚くほど多くのモデルが存在しますが、須賀質店のスタッフはすべてのモデルで査定の経験がありますので、安心して買取、質入れ共にお任せください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ヴァシュロンコンスタンタンは歴史のある機械式時計メーカーなので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。特にトゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーター等複雑機械式時計は人気がありますが、これらの時計は不調になると高額なメンテナンス費用がかかり、普通の時計店では取扱いを断られる場合がありますが、須賀質店では複雑時計の修理ルートも確保しているので、お困りの場合はぜひご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ヴァシュロンコンスタンタンの時計の高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ヴァシュロンの査定相場

下記のヴァシュロンコンスタンタン買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のヴァシュロンコンスタンタン買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のヴァシュロンコンスタンタン質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ヴァシュロン 取扱い品目一覧
オーバーシーズ
OVERSEAS
マルタクロノグラフ
MALTACHRONOGRAPH
メルカトール
MERCATOR
ヴァシュロンの査定のポイント
ヴァシュロンコンスタンタン(Vacheron Constantin)について

世界にはたくさんの時計メーカーがありますが、1755年に創業し260年にもわたって時計の製造を続けているメーカーがヴァシュロンコンスタンタン(Vacheron Constantin)と言われています。同様に、長い歴史をもって時計の製造に携わってきたメーカー、パテック・フィリップ(Patek Philippe)とオーデマ・ピゲ(Audemars Piguet)とあわせて、世界の3大時計ブランドと称されることもある、このバシュロンコンスタンタンについて説明いたします。

1755年のこと、スイスジュネーブである若い時計職人が工房を立ち上げます。当時のジュネーブは懐中時計の製造で盛り上がりを見せていて、この若い時計職人も自分の技術力を試したい想いに駆られていたようです。この職人の名ははジャン=マルク・ヴァシュロン(Jean-Marc Vacheron)、現在のヴァシュロンコンスタンタン社の創業者にあたります。ジャン=マルク・ヴァシュロン(Jean-Marc Vacheron)の製作した懐中時計は、精度が高いだけでなく、イスラム美術に通じる幾何学模様 アラベスク装飾が施されているなど、260年前からすでに現在のヴァシュロンコンスタンタンに通じる美的センスを備えていたといわれています。

ヴァシュロンコンスタンタンの創業について

創業者 ジャン=マルクの意志は、息子であるアブラハムと、その孫のジャック・バルテルミーに引き継がれてゆきます。特に孫のジャック・バルテルミーは、当時の時計業界を改革しようという大いなる意志を持っていた上に、複雑時計の製作技術 特に時計が音を奏でる「ミニッツリピーター」の技術に秀でていたために、技術力に優れた時計メゾン=ヴァシュロンコンスタンタンというイメージを作り上げました。また、当時のヴァシュロン社がスイスからスランス、イタリアと販路を拡大してゆく過程で、技術者であるジャック・バルテルミーは、販売の拡大を任せられる人物を探していました。そんな時、優秀なビジネスマンであるフランソワ・コンスタンタンと出会うことになり、ジャック・バルテミーは
フランソワ・コンスタンタンを招き入れ、共同経営者にまで抜擢します。この2人の歴史的な出会いによって現在のヴァシュロンコンスタンタン(Vacheron Constantin)は誕生することになります。
この歴史的な天才時計技師と辣腕ビジネスマンの出会いの他に、もう一人の人物がヴァシュロンコンスタンタンに参画します。1839年に「パンタグラフ」という、拡大した図面から小さな部品を作り出す製造装置を開発したジョルジュ=オーギュスト・レショーという機械技術者が経営に参加し、時計製造の効率化とクオリティの向上に大いに手腕をふるうことになり、ヴァシュロンコンスタンタンを世界的な時計製造メーカーに成長させることになります。
現在のヴァシュロン社は、創業者であるジャック・バルテルミー・ヴァシュロン、フランソワ・コンスタンタン、ジョルジュ=オーギュスト・レショーの3人の歴史的な出会いがなければ、ありえなかったといえます。

ヴァシュロンコンスタンタンの現在のモデルについて

現在のヴァシュロンコンスタンタンは、260年の歴史の中で培ってきた創造力と、創業当社から取り組んできた複雑時計の技術を中心に、魅力的な時計を製造し続けています。現在の中心的モデルの一つに「パトリモニー」があります。2004年に発表されたドレスウォッチののパトリモニーは、12時の下にシンボルマークであるマルタを配置、3時、6時、9時、12時のインデックスを存在感のある太字にして、シンプルな2針、3針のデザイン、ケースは薄型で、パーティーでもビジネスシーンでも腕に付けられる洗練さがある時計です。

パトリモニーが洗練されたシンプルなモデルであるのに対して、「トラディショナル」はヴァシュロンコンスタンタンの技術力を集約させた、同社を代表する時計です。トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーターの時計の3大複雑機能を搭載したモデル グランドコンプリケーション、クロノグラフ機能を搭載したモデルなど、ヴァシュロンコンスタンタンの技術力を集めた時計がトラディショナルにはあります。

現在の中心的モデルにオーバーシーズがあります。1996年に発表されたこのモデルは、シンプルな3針タイプ、クロノグラフ搭載タイプ、GMT機能搭載タイプ、パーペチュアルカレンダー搭載のモデルなど多数の種類のモデルが存在します。特徴的なベゼルは8つの凹凸が存在し、この凹凸はヴァシュロンコンスタンタンの象徴ともいえるマルタの十字の突起を表しているといわれています。材質もステンレススチールのシンプルなモデルから、18金の無垢のモデルや、ダイヤを付けたドレスウォッチまで、現在の幅広いニーズにこたえられる時計になっています。