JAEGER LE COULTRE

ジャガールクルト(取扱い品目一覧)

スクアドラ、レベルソ、マスターメモボックス、マスターカレンダー、マスタームーン、ビジブルなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ジャガールクルト
創業 大正 9 年の老舗ジャガールクルトの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではジャガールクルト(Jaeger LeCoultre)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ジャガールクルトの時計であれば、附属品や箱、保証書が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。
ジャガールクルトは、レベルソ、マスターグランド、マスターウルトラスリム、マスタークロノグラフ、マスターメモボックス、デュオメトル、ランデブーなど、たくさんの種類の時計があります。

時計の材質、ダイヤの有無、ジャガールクルト特有の複雑機能の有無などを考えると、驚くほど多くのモデルが存在しますが、須賀質店のスタッフはすべてのモデルで査定の経験がありますので、安心して買取、質入れ共にお任せください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ジャガールクルトは歴史のある機械式時計メーカーなので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ジャガールクルトは複雑機能を得意としているメーカーで、トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーター等複雑機械式時計は人気があり高値査定が期待できますが、これらの時計は不調になると高額なメンテナンス費用がかかり、普通の時計店では取扱いを断られる場合がありますが、須賀質店では複雑時計の修理ルートも確保しているので、お困りの場合はぜひご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ヴァシュロンコンスタンタンの時計の高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ジャガールクルトの査定相場

下記のジャガールクルト買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のジャガールクルト買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れの場合のジャガールクルト質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ジャガールクルト 取扱い品目一覧
スクアドラ
SQUADRA
レベルソ
REVERSO
マスターメモボックス
MASTERMEMOBOX
マスターカレンダー
MASTERCALENDAR
マスタームーン
MASTERMOON
ビジブル
VISIBLE
ジャガールクルトの査定のポイント
ジャガールクルト(Jaeger LeCoultre)について

1833年に、自身の技術力にこだわりを持った1人の時計職人がスイスのル・サンティエに工房を作りました。この職人の名はアントワーヌ・ルクルト(Antoine-Lecoultre) 後のジャガールクルトの創業者のひとりです。アントワーヌ・ルクルトの時計製作の技術は素晴らしいものがありましたが、それ以上に工作機械の製作にもこだわりを持っていて、小さな歯車を製造する機械も作り出すなど、職人でもあり発明家でもありました。

1844年のこと、アントワーヌ・ルクルトは「ミリオノメーター」という、部品をミクロン単位で計測できる機械を発明し、より正確な歯車や部品の製作ができるようになったことから、以降の時計製造に大きな影響を与えたといわれています。また、当時作られていた懐中時計はゼンマイの巻き上げに鍵を必要としていましたが、1887年に竜頭巻き上げ式の時計を発表し、時計の使い方そのものに大きな影響を与えました。

マニュファクチュールとして再編成

1800年代後半の時計製造の方式は、パーツの製造からそのパーツの組み上げ等、数百の作業工程をそれぞれの小さな工房でこなすのが当たり前でしたが、アントワーヌ・ルクルトは作業の効率を重視して、これらの作業の工程や携わる職人をを、ひとつの工場に集めることを考えて、息子のエリー・ルクルトと協力して「LeCoultre & Cie」という初のマニュファクチュールを完成させました。1870年には、この「LeCoultre & Cie」に500人を超える時計職人が働くまでに成長し、時計製造の効率や生産性を大きく変えることとなりました。その結果として、複雑機構を備えた時計の機械を製造する過程の一部を機械化することに成功し、そのおかげで1890年代半ばにはパーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーターなどを搭載した機械の製造が出来るようになりました。
マニュファクチュールとしての「LeCoultre & Cie」は、1900年までの短い期間に350種以上のムーブメントを製造し、そのうちの128種類はクロノグラフ機能付き、また99種はミニッツリピーター機能付きだったといわれているなど、その高い技術力と生産性は他の追随を許すものではありませんでした。
1902年から30年間にもわたって、最高峰の時計ブランドであるパテックフィリップ製の時計のほとんどに「LeCoultre & Cie」のムーブメントが採用されていたことをみても、いかに彼らの製造するムーブメントが信頼されていたかを表しているといえます。

ジャガールクルト(Jaeger LeCoultre)として誕生

アントワーヌ・ルクルトは生粋の時計技術者でしたが、ジャガールクルトの誕生にはもう一人の人物が関わっています。その人物はエドモンド・ジャガー(Edmond_Jaeger)という時計技術者で、実はこの人物、カルティエの初の腕時計 サントスの開発にも関わっているのです。
1903年のこと、エドモンド・ジャガーは自身が開発した超薄型ムーブメントの製作を「LeCoultre & Cie」に発注します。当時の工場はアントワーヌ・ルクルトの孫にあたるジャック・ダヴィド・ルクルトが取り仕切っていて、発注から4年後の1907年に、当時の世界で最も薄いと言われた1.38mmの厚みの機械Cal145を開発することに成功します。
この後も、エドモンド・ジャガーとジャック・ダヴィド・ルクルトは共同して仕事に臨み、カルティエにムーブメントの専属提供の契約や、新モデル「レベルソ」の共同開発などで協力し、1937年にジャガー・ルクルトとして正式に会社を立ち上げることになります。ジャガールクルトとして会社が変わっても、創業者アントワーヌ・ルクルトの時計製造に対するあくなき追求の精神、向上心は変わることがなく、ヴァシュロンコンスタンタン、オーデマピゲ、パテックフィリップなど、世界の草々なる時計メーカーにムーブメントを供給し、その数量たるや1242種類のムーブメントを製造、特許を取得すること約400、製造技術に関する特許の数は100をくだらないと言われています。