BREITLING

ブライトリング(取扱い品目一覧)

ナビタイマー、クロノマットエボリューション、ベントレー、スーパーオーシャンヘリテージクロノなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ブライトリング
創業 大正 9 年の老舗ブライトリングの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではブライトリング(BREITLING)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ブライトリングの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

ブライトリングの時計にはスーパーオーシャン、クロノスペース、クロノマット、ナビタイマー、モンブリラン、ベントレー、トランスオーシャン、アベンジャーなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ブライトリングの時計はクロノグラフ仕様の時計が多く航空時計としてのブランドが確立しているので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、モデルによっては高価査定を付けずらい商品もあるので、詳しくは須賀質店スタッフまでご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ショパールの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ブライトリングの査定相場

下記のブライトリングの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のブライトリング買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のブライトリング質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ブライトリング 取扱い品目一覧
ナビタイマー
NAVITIMER
モンブリラン
MONTBRILLAN
クロノマット
CHRONOMAT
ベントレー
BENTLEY
トランスオーシャン
TRANSOCEAN
プロフェッショナル
PROFESSIONAL
クロノマットエボリューション
CHRONOMATEVOLUTION
スーパーオーシャンヘリテージクロノ
SUPEROCEANHERITAGECHRONO
ブライトリングの査定のポイント
ブライトリング(BREITLING)について

1884年にレオン・ブライトリングによって、現在のブライトリングは創業されました。若干24歳だったレオンはスイスのサン・ティミエ村の小さな工房で時計の製作を始めました。レオンが創業したスイスのサン・ティミエ村付近は冬になると農業が出来なくなるので、農家の人々は冬の間の副業として時計製作をすることが盛んだったのです。
レオンはやがて小さな工房から離れて、G・レオン・ブライトリング社という時計工場を設立し、スイスの他の時計メーカーといかに差別化してゆくかを考え始めていました。現在でもスイスは数多くの時計メーカーが存在していますが、航空時計や時間計測のための時計、さらにストップウォッチやクロノグラフの分野ではブライトリングが一番有名であると言えるでしょう。

ブライトリングの発表するクロノグラフは数々の賞を受賞したために、ブライトリングが航空時計メーカーとして成長、発展してゆくきっかけになりました。
スピード測定機に関しては、警察がスピード取締りのために正式に採用したため、公的な信用を得ることが出来ました。公的な信用が増したり、航空時計メーカーのリーダー的存在になったことで、ブライトリングの懐中時計に対する評価も上昇しました。

ブライトリングの転機について

事業は順調に拡大してゆき、1892年には当時の時計生産の中心地であるラ・ショード・フォンという場所に工場を移転するとともに、社名をレオン・G・ブライトリングSAモンブリラン・ウォッチ・カンパニーに変更することとなります。レオンは以前より飛行機に大きな関心を寄せていて、時にはパイロットになりたいとも考えていた時期もあるようですが、それは不可能だったので飛行士が専用に使える小型懐中クロノグラフの開発を始めました。

1914年のこと、大きな不幸が訪れます。創業者のレオンが、わずか54歳という若さで突然亡くなってしまうのです。レオンが亡くなった後は息子 ガストン・ブライトリングが経営を引き継ぎ、父 レオンが手掛けていた航空時計の分野で会社を発展させるべく事業に取り組みます。特に1915年に30分積算計を装着した腕時計型のクロノグラフ「30分タイマー」を開発し発表します。この時腕時計に装着した30分積算計は警察に採用されて、主にスピード違反の取り締まりに使われることになりました。
1923年、初めてのクロノグラフ専用のプッシュボタンを開発し、航空用時計の分野で今まで以上の積極的な製品を開発を進めたために、ブライトリングはパイロット達の信頼を得ることとなりました。

1932年、ウィリー・ブライトリングが3代目の社長に就任し、さらに事業を拡大します。特にウィリーは創業者や先代以上にクロノグラフの研究、開発に没頭し、40種類ものクロノグラフを開発、発表しました。1934年にはリセット専用の2番目のプッシュボタンが開発されたために、連続した短時間計測が可能な、現在の様なクロノグラフ機能付き時計が完成したのです。

航空時計メーカーとしての地位を確立

1920年ころから航空時計メーカーとして名声を得ていたブライトリングは、1936年についにイギリス空軍に正式採用されることとなります。軍隊に採用されるとは、高い精度だけでなく、使いやすさや耐久性まで評価されたことであり、そのお蔭でダグラス、ロッキード、ボーイング等の航空メーカーも、ブライトリングの航空時計を採用しました。さらに、エールフランス、英国海外航空などの航空会社もブライトリングの採用に踏み切りました。

1942年には初めての回転計算尺付きクロノグラフ、クロノマットを開発、発表し、同時にアメリカ軍に航空時計を供給することも決定しました。
1952年には、クロノマットを進化させた、航空用回転計算尺付きのクロノグラフ、ブライトリング・ナビタイマーを開発、発表します。これらの航空時計の進化を推し進めたブライトリングは、当時の世界主要航空会社に航空時計を供給するメーカーにまで成長しました。

世界の航空会社を制する程になったライトリングは、1960年に宇宙を目指すこととなり、当時の宇宙飛行士スコット・カーペンターに「ブライトリング・コスモノート」を腕に装備して、オーロラ3号という宇宙船で地球3周を成し遂げました。
1970年代はブライトリングもクォーツショックの影響を受けて、業績が悪化したためにウィリー・ブライトリングはアーネスト・シュナイダーという時計・電子工学エンジニアに会社を譲渡することになります。