VAN CLEEF&ARPELS

ヴァンクリーフ&アーペル(取扱い品目一覧)

アルハンブラなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ヴァンクリーフ&アーペル
創業 大正 9 年の老舗ヴァンクリーフ&アーペルの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ヴァンクリーフ&アーペルの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。
ヴァンクリーフ&アーペルの時計にはチャームウォッチ、ヴィンテージアルハンブラウォッチ、アルハンブラブレスウォッチなど、多数の種類の時計があります。また、ポエティック コンプリケーションといって、複雑機能を組み込んだ時計もありますが、これらの時計すべて取り扱っているので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ヴァンクリーフ&アーペルの時計は、時計専業メーカーの時計ほどには数が出回っていないので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。
ただ、ヴァンクリーフ&アーペルの時計の中でも人気のある時計とそうでない時計と分かれるので、
こうした人気のあるなしについては、ぜひご相談ください。人気のあるヴァンクリーフ&アーペルの時計であっても、高い査定価格が付けられるうちに買取、質入れをされることをお勧めします。買取か質入れか、迷うようであれば、須賀質店はどちらでも対応できるのでぜひご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ヴァンクリーフ&アーペルの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ヴァンクリーフ&アーペルの査定相場

下記のヴァンクリーフ&アーペル買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のヴァンクリーフ&アーペル買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れの場合のヴァンクリーフ&アーペル質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ヴァンクリーフ&アーペル 取扱い品目一覧
アルハンブラ
ALHAMBRA
チャーム
CHARM
ヴァンクリーフ&アーペルの査定のポイント
ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)について

ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)は1898年、アルフレッド・ヴァン クリーフという宝石細工職人と、エステル・アーペルという宝飾商の娘が結婚したことがきっかけとなり、両家の名前を並べて記する「ヴァンクリーフ&アーペル」という称号が誕生しました。1906年になって、アルフレッド、エステルの兄であるシャルル・アーペルが、パリのヴァンドーム広場にブティックを開設し、このブティックにヴァンクリーフ&アーペルの名前が使われるようになりました。

ヴァンクリーフ&アーペルは、宝飾メーカーとして世界に知れ渡ることとなりますが、腕時計の製造は1910年ころからになります。ヴァンクリーフ&アーペルはその発祥がジュエラーであったために、時計の製造とはいっても、たくさんの宝石や貴金属で美しく飾り立てられた時計のケースを製造するにとどまり、時計の心臓部といえるムーブメントに関しては専業メーカーから調達するエタブリスールに徹していました。

1999年には、宝飾業界の再編の影響を受けて、リシュモングループの傘下に収まりますが、この頃から本格的に時計メーカーとしての転身を図るようになります。ケースについては宝飾メーカーらしい豪華絢爛なデザインがなされて、ダイヤルなどにも特殊な塗装が施されるなど、他の時計メーカーとは一線を画する作品を発表していますが、ムーブメントに関しては当初と変わらず、専業メーカーのジャガールクルトやピジェの機械をベースにして使用しています。また、一部のミニッツリピーターやレトログラードといった複雑機能の付いたムーブメントについては、アジェノー社とコラボして機械を調達しています。

ヴァンクリーフ&アーペル(Van Cleef & Arpels)の時計について

ヴァン クリーフ&アーペルの時計には、“ポエティック コンプリケーション”というテーマがあると言われています。ジュエラーであるヴァン クリーフ&アーペルは、自分たちが生み出す作品は物語を紡ぎだす存在であり、時計と言えどもただ単に時を刻んで、時間が確認できれば良い、というわけにはいかないという意味です。この発想は、時計を精密機械と考える機械式時計メーカーにはあり得ない発想で、ヴァン クリーフ&アーペルの時計業界での異質のポジションを象徴しています。
例えば2010年に発表された「ポン デ ザムルー」は、男女が橋の中央でキスをする動きを時計の中に収めたロマンチックな時計ですが、時計の機能的にはレトログラードの機構を採用して時間と分を表しすというより、時間の流れを愛やロマンを交えて表現する手法を選んだのは、ヴァン クリーフ&アーペルならではといえましょう。
「ポン デ ザムルー」はレディスの時計ですが、ポエティック コンプリケーションの中には、ミッドナイトインパリウォッチやミッドナイトプラネタリウムウォッチのように、メンズサイズで時計の中で太陽、水星、金星、地球、火星、木星、土星が芸術的な動きをする時計も存在します。