A.LANGE & SOHNE

ランゲ&ゾーネ(取扱い品目一覧)

1815、ランゲI、ランゲマチックデイト、サクソニア、カバレット、リヒャルドランゲなど長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ランゲ&ゾーネ
創業 大正 9 年の老舗ランゲ&ゾーネの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではランゲ&ゾーネ(A.LANGE & SOHNE)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ブレゲの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

ランゲ&ゾーネの時計には、ランゲ1、1815、サクソニア、ダトグラフ、リヒャルドランゲ、ランゲマチックなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。また、ランゲ&ゾーネには
ダトグラフ・アップタウン、ツァイトヴェルク、ランゲマチックパーペチュアルのような珍しく複雑機能を搭載した時計も須賀質店では取扱いの例があるので、他店で買取査定額を出せないなど断られた方はぜひご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ランゲ&ゾーネの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

ランゲ&ゾーネの査定相場

下記のランゲ&ゾーネの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のランゲ&ゾーネ買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。

※質入れの場合のランゲ&ゾーネ質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

ランゲ&ゾーネ 取扱い品目一覧
ランゲⅠ
LANGEI
ランゲマチックデイト
LANGEHEMATICDATE
サクソニア
SAXONIA
カバレット
CABARET
リヒャルドランゲ
RICARDDORANGE
ランゲ&ゾーネの査定のポイント
ランゲ&ゾーネ(A.LANGE & SOHNE)について

ザクセンが最も繁栄を極めた1785年に、後の天才時計師となる人物が誕生します。その名をフリードリッヒ・グートケスといって、ドレスデンが世界でも有数な芸術の街になったころ成人となった彼は、ドレスデン宮殿横に自身の時計工房を設立しました。この工房は、貴族や著名人が訪れて高性能の時計を買い求めていったために一躍有名になり、1831年にフリードリッヒ・グートケスはその技術力が認められて、王家お抱えの時計技師になりました。
フリードリッヒ・グートケスの作品で最も高度な作品は1841年にドレスデンのセンパーオペラのために製造された、数字で時刻を表示する5分時計と言われていますが、この作品はこれから説明する時計技師との共同作業によるものでした。

創業者 アドルフ・ランゲについて

アドルフ・ランゲは1815年にドレスデンで誕生しました。アドルフは幼少の頃に両親が離婚したために、親しかった商人の一家に引き取られ、十分な教育を受けさせてもらうことが出来たといいます。そして、15歳の時にフリードリッヒ・グートケスの工房に弟子入りし時計技師になるべく修行を始めました。1835年に優れた技術を習得し修行を終えたアドルフ・ランゲは、そのから2年ほど弟子職人としてグートケスの元で仕事を続けますが、その後はヨーロッパ各地の優秀な時計技術者のもとを訪ね歩き、技術の習得を続けました。行く先々での記録は有名な「旅の記録」として優れた時計の文献として残っています。多くの経験と修行を終えて1841年にドレスデンに戻ったアドルフはグートケスの時計工房の共同経営者となり、先のゼンハーオペラの五分時計の製作に共同で取り掛かるのです。

アドルフ・ランゲの時計技術者としての技量は非常に高いもので、その内容は当時のロシア大公ミハイルからの礼状にも残されていて、当時大公に製作した複雑懐中時計が大いに気に入って、その例のためにダイヤモンド付きのピンが同封されていたりしたようです。

時計技術者としては卓越した才能と実績を持ったアドルフ・ランゲでしたが、一方で世の中の貧困な人々を助けなければならないという慈悲の念が人一倍強い一面がありました。特にエルツ山地一帯の貧困が深刻になるにつれて、何とかしなければという思いで、アドルフ・ランゲはドレスデンでの地位や名誉を捨てて貧困にあえぐグラスヒュッテの街に移転してゆきます。

アドルフ・ランゲ グラスヒュッテに時計工房設立

1845年アドルフ・ランゲはドレスデン近郊のグラスヒュッテに自身の時計工房を設立し、精度の高い時計の製造を開始します。アドルフは貧困にあえぐ地元から才能を見込んだ15名の若者を抜擢し、優秀な時計職人に成長させるべく修行を開始します。アドフ・ランゲンの妥協を許さない作業と高度な時計製造技術は、今までにない精密工具や計測機器を考案し、生産方法が格段に効率化されました。はずみ車を利用した旋盤やムーブメントの安定性改善のために取り入れた3/4プレートなどが良く知られています。
この頃にアドルフ・ランゲはすでに時代遅れになっていた伝統的な時計製造方法を根本的に変革しようと努力していました。そのために変革された工程は多いですが、最も歴史的な意義が大きかったのがそれまで使われていたわかりにくいフランスのリーニュという単位を止めて、メートル法を採用し、最小単位としてミリメートルを採用したことです。
1875年にアドルフ・ランゲは亡くなりますが、彼が創業し息子たちに引き継がれた会社はすでに世界的に有名な時計メーカーに成長していました。特に、時計の部品製造にかかわりの深いテンプ、歯車、香箱、時計の針、受け石やビスなどを製造する工房を立ち上げることを従業員に強く進めて、このことがグラスヒュッテの大きな経済発展につながります。