質屋にブランド物を持っていったら、無料で鑑定してもらえるんでしょうか? | 買取・質入れの須賀質店
失敗しない質屋選び

失敗しない質屋選び

質屋にブランド物を持っていったら、無料で鑑定してもらえるんでしょうか?

質屋の店頭で仕事をしていると、たびたび「このブランドバッグ、以前の彼氏にもらったんだけれども、本物かどうか鑑定してください」とお願いされることが有ります。

 

本物か偽物か鑑定

プレゼントした方がブランドショップの正規ブティックで購入していれば、そもそもこうした依頼があるはずはないのですが、質屋が「本物かどうかの鑑定」を依頼されること自体、ブティックで購入されていないブランド品がかなりの頻度で出回っているということになります。

 

 

もっとも、現在では質屋も小売りの店舗を併設していて、自社の店頭で買取したり流質になったブランド品を販売しているので、質屋も正規ブティック経由でない商品の流通に携わっていることは間違いありません。

 

 

このサイトの管理者である須賀質店は、店頭での小売販売をいたしませんが、年間20,000件以上の取引の中での経験や同業者との話の中で感じることをお話しいたします。

 

 

①質屋が行う「鑑定」の意味するところは何でしょうか?

質屋はその仕事上たくさんのブランド品、例えば高級腕時計、ダイヤをはじめとしたジュエリーを多数取扱いしていて、その商品に値段を付けてゆきます。

 

この値段を付ける仕事が査定とか目利き等と言われるわけですが、査定や目利きを通して質屋自身が判断した値段に見合う金額で商品を買取をしたり、質預かりをしてお金を貸付けたりしています。

 

こうした査定、目利きを通じて「質屋はブランド品や高級腕時計や宝石が、本物か偽物かの判断ができる」と、皆さまは思っていらっしゃるのだと思います。

 

 

ただ、質屋が行っている査定や目利きは、持ち込まれた商品の値段や価値を判断しているのであって、皆さまの考えているような「本物か偽物かの鑑定」とは少し違っているように思います。

 

質屋の鑑定

須賀質店でもたまに「本物か偽物か鑑定してください」という依頼を受けますが、「私どもは製造者でないので本物かどうか申し上げる立場にないのです。

 

私どもが取引する取引金額をお答えすることしかできませんがよろしいでしょうか」という対応になることがほとんどです。

 

⇒ポイント

質屋がブランド品の鑑定をしないのは、質屋はブランド品の製造者ではないので、本物とか偽物の判断をする立場でないという考え方をしているから

 

 

②質屋の店頭に持ち込まれる商品について

・中古品にはさまざまの状態の商品が存在する

質屋の店頭に持ち込まれる商品は多種、多様な状態で持ち込まれます。新品の商品もありますが、多くの商品は使用された中古品の状態で持ち込まれるため、新品に近い中古品もあれば普通の中古品もあれば、壊れる寸前と思われる中古品、または既に壊れてしまっている中古品もあります。

 

 

ルイヴィトン新品とボロボロ

このような、かなり使い込まれた中古品というのは本物か偽物かを見分けるのが難しい場合もあります。

 

 

・偽物ではないが、正規部品がついていない改造品という商品が存在する

また、時計などによくありますが、壊れてしまった高級腕時計を修理したものの、部品を手に入れられなかったのか、正規メーカー工房に依頼しなかったのかわかりませんが、汎用品の部品を加工して無理やり取り付けてしまっている時計に出会うことが有ります。

 

 

また、ブランドジュエリーの指輪などで、指のサイズに合わなかったのでしょうか、サイズを大きくした指輪を見ることが有りますが、広げた部分の材質が微妙に異なっていたり継ぎ目が残っていたりして、明らかに正規メーカー工房でないところで直した商品を目にすることが有ります。

 

正規メーカー修理を受けていないであろう修理品は、時計やブランドジュエリーにに限らず高級ブランドバッグでも見ることがあります。

 

 

ところが、質屋・中古品業界では正規品ではない改造品として取り扱われることが多く、本来付くであろう中古価格より大幅に下がることが有るのです。

 

 

須賀質店では、純正品を使った修理やメンテナンスを受けていない中古品を鑑定した場合、正規メーカーで今後メンテナンスが受けられないかもしれない改造品と判断して、「本物か偽物かという鑑定」でなく「いくらの値段が付けられるか」で店頭で査定価格をお出しするようにしています。

 

⇒ポイント

質屋に持ち込まれるブランド品は、新品から中古品、壊れる寸前の品物までさまざまである。

 

ブランド品のなかには、純正品で修理やメンテナンスをしていない品物があり、改造品という扱いになり、本来付けられる中古価格より大幅に下がる品物が存在する。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

③質屋は本物、偽物を判断しないのでしょうか

判断しないことはありません。本物と偽物の価値や値段は、全く別物になってしまいます。極端に言えば、偽物の価値は0円になってしまうこともあるでしょう。

 

 

ただ須賀質店をはじめ、多くの同業者の現場には、本物か偽物か、白か黒かという商品ばかりでなく、その中間というかグレーな商品がたくさん持ち込まれているということをご理解いただきたいと思います。

 

 

例えば、時計であれば時計本体は本物だけれども、ベルトは社外品のベルトを後から付けてしまっている商品の場合、時計本体の本物の商品としての値段と、社外品のベルトの値段(かなり低くなると思いますが)を合わせてお客様にお伝えるなど、少しでも高額な査定価格をお伝えするように努めています。

 

ブランドバッグや小物入れ等で、メーカー以外の工房や職人によって修理された場合は、上記の時計の様に「一部改造品」といった扱いが出来なくなる場合が多いです。

 

 

バッグの持ち手や角部分が擦れたり汚れたりして傷んで交換したような場合、素材が同じであったとしても、仕上げや色の違いなどで違和感が出たり、縫製が異なったりして見た目が異なってきてしまいます。

 

 

修理個所を取り除いてしまえば、「時計の本体のみ」の様な扱い方が出来ずに、バッグとして使えなくなってしまうので査定価格としては大きく下がることになりますし、場合によっては取り扱い不可商品になってしまうこともあります。

 

ブランドバッグや小物入れ等の修理を格安で請け負う店舗の折り込みチラシなどを見ることが有りますが、将来的に買取や質入れの可能性が有るのであれば、たとえ修理費用が大きくかかったとしてもメーカーのブティックで正規修理を受けることがお勧めです。

 

⇒ポイント

偽物の価格は限りなく0円に近いを付けざるを得ない。ただし、時計の場合などは純正品部分と社外品部分を分けて査定価格を付けられる場合が有り、こうした場合は少しでも高い価格を付けられるように努力している。

 

バッグなどは時計と違って部品ごとに分けて査定することが出来ない場合が多いので、メーカーのブティックで修理やメンテナンスを受けたほうが良い。

 

 

④質屋で鑑定はできないのでしょうか

須賀質店では、商品に値段を付ける査定は無料です。査定料や鑑定料といったものはいただいていません。

 

 

「本物かどうかを見てください」という依頼については、弊社はこちらの品物を製造したメーカーでないので、本物、偽物の判断を申し上げる立場にありません。弊社が取引できる金額をお伝えすることになりますがよろしいでしょうか、と対応しています。

 

 

今までお伝えしてきたように、須賀質店では本物、偽物の判断はしているけれどもお客様に断言する立場にありませんということなのです。商品の本物、偽物の判断ができるのは製造した方々のみではないかという考え方をしています。

 

⇒ポイント

質屋は鑑定が出来ないのでなく、ブランド品を製造した者でないので、本物とか偽物をお伝えする立場でないという考え方をしている

 

 

⑤正規ブティック以外で購入したブランド品は大丈夫でしょうか

須賀質店が考えるに、ブランドバッグや高級腕時計は、百貨店や正規ブティックで購入するのが一番安心できる購入方法だと思います。

 

 

しかし、中古のブランド品を割安に購入するとなると、リサイクルショップや小売りをしている質屋などを利用することになるので、こうしたお店が信頼できるかどうかが大切なことと思います。

 

 

須賀質店の知る限り、多くの質屋は本物か偽物かの判断をお客様にはお伝えしていない様ですが、自身の店頭で販売をしている質屋は、販売する前にメーカーにメンテナンスを依頼するなどして、販売商品の信頼には細心の注意を払っているようです。

 

⇒ポイント

正規ブティック以外で中古ブランド品を購入する場合は、お店が信頼できるかどうかを良く見極めたほうが良い。中古品を販売している質屋は、販売前にメーカーにメンテナンスしてもらうなど細心の注意をしている。

 

 

⑥偽物とわかっていて質入れや買取に持ち込むとどうなるのでしょうか

ブランドバッグやブランド腕時計のコピー品や偽物を所有することそのものは問題になることは無いようですが、大量に所有することはその目的によって商標権の侵害を問われることが有ります。

 

 

ブランドメーカーの社名やロゴマーク、その独特のデザインは商標と呼ばれ、商標の所有者に独占的に使用できる権利として商標権が認められています。

 

 

この商標権の独占的な使用や信用の維持を脅かす行為が商標権の侵害にあたり、処罰の対象になります。須賀質店では買取や質入れを行う中で、ブランド品のコピーや偽物を目にすることが有りますが、お客様が善意か悪意をとわず、こうしたコピー品や偽物の取引には応じていません。

 

ブランド品のコピー品や偽物を、本物であるかのように装って取引することは詐欺罪にもあたり、こちらも処罰の対象になります。ブランド品のコピー品や偽物を販売するウェブサイトがあったり、ブランド品のコピー品や偽物を質屋や買取店、リサイクルショップを騙して取引する方法を書いたブログなどを見ることが有りますが、いずれも違法な行為でありお止めになることを強くお勧めします。

 

⇒ポイント

偽物とわかっていて、質入れや買取に持ち込むと犯罪行為にあたるので、止めた方が良い。

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

このサイトの運営会社 須賀質店はどんな質屋なの

こちらのサイト運営者である須賀質店は、都内に3店舗 池袋、渋谷、五反田の、すべて駅から徒歩圏に店舗を構えた質屋です。店頭での小売りを行わずに、質入れと買取に特化して運営経費を抑えて、高額買取と高額質入れを実現しています。

 

 

須賀質店では小売りをしていませんが、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の宝飾品、高級時計、ブランドバッグオークション市場の落札結果を収集、分析してリアルタイムの業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、オークション落札価格以上の高価買取価格の提示に努めています。

 

 

買取している商品は、ブランドバッグであればエルメスをはじめ、シャネル、ボッテガベネタ、セリーヌ、ルイヴィトン、ゴヤール、グッチなどは特に高価査定、高価買取いたします。高級腕時計であれば、ロレックスをはじめIWC、オメガ、ウブロ、カルティエ、ブルガリ、オーデマピゲ、パテックフィリップ、ジャガールクルト等、機械式高級腕時計は特に高価査定、高価買取いたします。

 

 

質入れでお金を借りた場合の貸出金利の引き下げに努めて、現在の貸出金利は業界最低水準のレベルにまで下がってきました。質入れでお金を借りる予定のある方は、ぜひ須賀質店までご相談くださいますようにお願いいたします。

借入れ金額 100万円以上 30万円以上100万円未満 10万円以上30万円未満 10万円未満
利息(月利) 1.2% 1.5% 1.8% 2.3%

【平成31年4月19日時点の金利です】

 

買取や質入れをお考えの方は、ぜひ須賀質店までご相談、ご来店ください。都内3店舗 池袋、渋谷、五反田の各店舗でお待ちしております。

 

この記事を書いた人
須賀兼一
代表取締役
平成16年4月より須賀質店の代表取締役を務めています。質屋のシステムやビジネスモデルについて、初めてご利用する方にもわかりやすく解説することを心がけています。質屋でお金を借りることは、銀行や消費者金融からお金を借りる手法にはないメリットがあるのです。現役の質屋でしか語れない「質屋の便利な使い方」について、当Webサイトで解説しています。