PATEK PHILIPPE CALATRAVA

パテックフィリップ カラトラバ

パテックフィリップ カラトラバの相場

下記のパテックフィリップの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のパテックフィリップ買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れの場合のパテックフィリップ質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

PATEK PHILIPPE CALATRAVA(パテックフィリップ カラトラバ) 取扱い品目一覧
パテックフィリップ カラトラバ
型番
素材 イエローゴールド
買取額 650,000円前後
PATEK PHILIPPE CALATRAVA(パテックフィリップ カラトラバ)について
新生パテックフィリップ社の誕生

新しくパテックフィリップを引き継いだスターン兄弟は、社長としてジャン・フィスターを抜擢します。フィスターは経営の刷新と製造工程の見直しに取り掛かり、とくに当時のアールデコ芸術様式が終わりシンプルなデザインが求められている動きを察して、この流れを時計のデザインに反映させて、後のパテックフィリップの体制を表現している最初のモデル カラトラバの発表を行います。
カラトラバの名前の由来は、1158年にカラトラバという街をムーア人の侵略から守ったスペイン宗教師団に由来していて、この師団の紋章である、4つの百合の花を組み合わせたカラトラバ十字を自社のロゴマークに採用するようになっています。
時計としてのカラトラバは、シンプルで上品なデザインやバランスの良さから、発表から現在に至るまで男性腕時計の象徴的な時計になっています。

1950年以降は、パテックフィリップの技術力がさらにレベルアップする、様々な出来事が起こりました。特に1958年に新生パテックフィリップを作り上げたジャン・フィスターが退職、アンリ・スターンが社長に就任すると、1962年パテックフィリップの技術の粋を集めて製造されたムーブメントが発表されます。このムーブメントはトゥールビヨン、自動振動ヒゲゼンマイ、アンクル脱進機を搭載した機械で、ジュネーブ天文台精度コンクールで最高得点を獲得し第一位に輝いています。

須賀質店が取り扱うパテックフィリップ

須賀質店ではパテックフィリップ(PatekPhilippe)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。パテックフィリップの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

パテックフィリップの時計にはアニュアルカレンダー、カラトラバ、ゴールデンエリプス、ゴンドーロ、ノーチラス、アクアノート、トゥウエンティフォーなど、多数の種類の時計があります。
また、パテックフィリップには複雑機能の時計も存在しパーペチュアルカレンダー、ワールドタイムなどがありますが、このような複雑高級時計も取り扱っているので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

パテックフィリップの時計はマニュファクチュールとしての評価が高いうえに、世界最高峰の機械式時計を造るメーカーとしての伝統があるので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、パテックフィリップの時計の中でも、高値査定が出来る時計と高値査定が付けずらい時計があるので、その点はご相談してください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。パテックフィリップの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。