BREITLING NAVITIMER

ブライトリング ナビタイマー

ブライトリング ナビタイマーの相場

下記のブライトリングの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のブライトリング買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れの場合のブライトリング質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

BREITLING NAVITIMER(ブライトリング ナビタイマー) 取扱い品目一覧
ブライトリング ナビタイマー
型番
素材 ステンレススチール
買取額 300,000円前後
BREITLING NAVITIMER(ブライトリング ナビタイマー)について
航空時計メーカーとしての地位を確立

1920年ころから航空時計メーカーとして名声を得ていたブライトリングは、1936年についにイギリス空軍に正式採用されることとなります。軍隊に採用されるとは、高い精度だけでなく、使いやすさや耐久性まで評価されたことであり、そのお蔭でダグラス、ロッキード、ボーイング等の航空メーカーも、ブライトリングの航空時計を採用しました。さらに、エールフランス、英国海外航空などの航空会社もブライトリングの採用に踏み切りました。

1942年には初めての回転計算尺付きクロノグラフ、クロノマットを開発、発表し、同時にアメリカ軍に航空時計を供給することも決定しました。
1952年には、クロノマットを進化させた、航空用回転計算尺付きのクロノグラフ、ブライトリング・ナビタイマーを開発、発表します。これらの航空時計の進化を推し進めたブライトリングは、当時の世界主要航空会社に航空時計を供給するメーカーにまで成長しました。

世界の航空会社を制する程になったライトリングは、1960年に宇宙を目指すこととなり、当時の宇宙飛行士スコット・カーペンターに「ブライトリング・コスモノート」を腕に装備して、オーロラ3号という宇宙船で地球3周を成し遂げました。
1970年代はブライトリングもクォーツショックの影響を受けて、業績が悪化したためにウィリー・ブライトリングはアーネスト・シュナイダーという時計・電子工学エンジニアに会社を譲渡することになります。

須賀質店が取り扱うブライトリング

須賀質店ではブライトリング(BREITLING)の時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。ブライトリングの時計であれば、附属品や箱、布袋が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。

ブライトリングの時計にはスーパーオーシャン、クロノスペース、クロノマット、ナビタイマー、モンブリラン、ベントレー、トランスオーシャン、アベンジャーなど、多数の種類の時計があります。いずれのモデルも多数の買取実績、質入れ事例があるので、買取や質入れの際はぜひ須賀質店にご相談ください。

須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。

ブライトリングの時計はクロノグラフ仕様の時計が多く航空時計としてのブランドが確立しているので、買取査定、質入れ査定とも高値が期待できます。ただし、モデルによっては高価査定を付けずらい商品もあるので、詳しくは須賀質店スタッフまでご相談ください。

須賀質店は、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった、不調を理由に断られた時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。ショパールの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。