PANERAI LUMINORMARINA

パネライ ルミノールマリーナ

パネライ ルミノールマリーナの相場

下記のパネライの買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のパネライ買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れの場合のパネライ質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

PANERAI LUMINORMARINA(パネライ ルミノールマリーナ) 取扱い品目一覧
パネライ ルミノールマリーナ
型番 PAM00091チタン
素材 チタン
買取額 350,000円前後
パネライ ルミノールマリーナ
型番 PAM00049
素材 ステンレススチール
買取額 360,000円前後
パネライ ルミノールマリーナ
型番
素材 ステンレススチール
買取額 350,000円前後
PANERAI LUMINORMARINA(パネライ ルミノールマリーナ)について
パネライの転換期について

パネライはイタリア海軍の専属的な時計メーカーであったために、その製品や技術に関しては民間に出回ることは有りませんでしたが、東西冷戦の終了とともに一般市場向けのモデルを発表することになります。その3つとは「ルミノール」「ルミノールマリーナ」「マーレノストゥルム」で、いずれも世界大戦時の軍用特殊時計として開発されたものをリニューアルしたもので、発表と同時に大きな驚きをもって時計市場に登場し、多くの時計コレクターに販売されました。 1997年にはオフィチーネ パネライがリシュモングループの傘下に入り、イタリア国内はもとより、世界中に販路の拡大が可能になりました。それに合わせて、高級時計の国際市場にも製品を発表し、「ルミノール」「ルミノールマリーナ」といったすでにあった2つのモデルに、それぞれ複数のバージョンが加わるようになり、製品の種類が多種にわたるようになりました。