BULGARI ALUMINIUM

ブルガリ アルミニウム

ブルガリ アルミニウムの相場

下記のBvlgari ブルガリ買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。
商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。
そのために、下記のBvlgari ブルガリ買取査定額に買取をできない場合がありますので、下記Bvlgari ブルガリ買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。
※預かりの場合のBvlgari ブルガリ査定額は、買取査定額より若干下回ります。

BULGARI ALUMINIUM(ブルガリ アルミニウム) 取扱い品目一覧
ブルガリ アルミニウム
型番
素材 アルミニウム
買取額 60,000円前後
ブルガリ アルミニウム
型番
素材 アルミニウム
買取額 40,000円前後
BULGARI ALUMINIUM(ブルガリ アルミニウム)について
カジュアルなスポーツウォッチ

ブルガリアルミニウムは、ブルガリウォッチの中でも世界の時計ファンに強烈な衝撃を与えた1本と言える時計といえます。その発表は1998年、ブルガリは1本の新しい時計を発表します。当時のブルガリスポーツ(現在のディアゴノ)シリーズのケース形状とラバーベルトのデザインを流用し、ブルガリアルミニウムは誕生しました。ケースの素材は名称にも使われているアルミニウム、ベゼルにラバーを採用したその斬新で独特なデザインは、時計のカジュアル化に1つの手法を確立したといえます。ケースに使われているアルミニウム独特のライトさ、軽さ、カジュアルさが、ラバーベルトと相まって、ブルガリアルミニウムをカジュアルなスポーツウォッチに仕上げています。

カジュアルであってもベゼルに深く掘り込まれた「BVLGARI BVLGARI」の文字は、ブルガリウォッチの持つ個性の主張の象徴といえます。ブルガリアルミニウムが発表された当初は、この斬新なデザインを評価する一方、「ブルガリの安物」「おもちゃみたい」「邪道な時計」という厳しい意見もあったようですが、ベゼルにラバー素材を利用する手法はオーデマピゲのロイヤルオークオフショアなども採用しているわけで、ブルガリアルミニウムが単なる廉価版のブルガリウォッチという評価は正しくないといえましょう。

スポーツ色がつよいモデルへと変化

ブルガリアルミニウムは発表当初は38mmのサイズで登場しますが、その後の時計の大型化の流れに乗って44mmのサイズも登場します。3針タイプの時計の他にクロノグラフ機能を搭載したモデルもあります。そして、当初は白色だった文字盤にカーボン仕様の黒色の文字盤が加わり、スポーツ色がつよいモデルへと変化してゆきました。アルミニウムの文字盤は、正式なモデルは白色とカーボン系の黒色ですが、限定カラーとして赤色、黄色、紫色、ピンク色などがあります。

現在のブルガリアルミニウム

ブルガリアルミニウムは生産終了して15年程度経過していることと、リーズナブルなカジュアルウォッチという位置づけからか、状態の良い時計が少なくなってきているようです。アルミニウムという素材自体が傷つきやすいうえに、腐食が出てしまうこともあるので、お持ちの方は十分にご注してください。