FRANCK MULLER MASTERSQUARE

フランクミュラー マスタースクエア

フランクミュラー マスタースクエアの相場

下記のフランクミュラーマスタースクエア買取査定額は、新品商品(全く使用していない商品で傷なし、保証証有効期限内、箱あり)の買取上限価格です。 商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 そのために、下記のフランクミュラーマスタースクエア買取査定額のとおりに買取をできない場合がありますので、下記の買取査定額についてはひとつの参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れの場合のフランクミュラーマスタースクエア質入れ査定額は、預かり期間中の査定相場の下落を考慮するので、買取査定額より10%から20%若干下回ります。

FRANCK MULLER MASTERSQUARE(フランクミュラー マスタースクエア) 取扱い品目一覧
フランクミュラー マスタースクエア
型番
素材 ホワイトゴールド
買取額 700,000円前後
フランクミュラー マスタースクエア
型番
素材 18金YG
買取額 400,000円前後
FRANCK MULLER MASTERSQUARE(フランクミュラー マスタースクエア)について
フランクミュラーマスタースクエア紹介

フランクミュラーという時計メーカーは、創業者フランク・ミュラーが1992年に創業したメーカーなので、創業からの年数は30年位で、それほど歴史のある時計メーカーではありませんが、機械式複雑時計を製作する技術力や、見る人の心をつかむデザイン力、時計製品としての販売力、どれをとっても世界で一流の時計メーカーであることを疑う人はいません。そんなフランクミュラーの時計の魅力と、フランクミュラーのシリーズの一つである「マスタースクエア」についてご説明いたします。

フランク・ミュラー氏の独立までの話

フランク・ミュラーの創業者 フランク・ミュラー氏はスイスのラ・ショード・フォンで1958年に生まれました。後に「ブレゲの再来」などと評されることになるフランク・ミュラー氏は、子供のころから機械で動くものに、特別の関心を寄せていたといわれています。当時のスイスは、すでに大手時計メーカーが機械式の時計を量産するようになっていたために、フランク・ミュラー氏の機械への関心は自然と、機械式腕時計の精密な動きに向けられるようになってきました。フランク・ミュラー氏はジュネーブの時計専門学校に入学し、この学校を優秀な成績で卒業することになります。ジュネーブの時計専門学校の卒業生は、みな既存の時計メーカーの即戦力の技術者として好条件で採用されていましたが、フランク・ミュラー氏はこれらの誘いを断り、独立系の時計工場で腕を磨くことを決断します。
この工場の主であったのはスヴェン・アルデルセンという技術者で、当時はアンティークウォッチのメンテナンスや、既存メーカーが取り扱えないような技術の必要な機構などを扱っており、若きフランク・ミュラーはこの工場でさらに自身の技術力を高めてゆきます。

1986年のバーゼルフェアで、フランク・ミュラー氏は時計業界にデビューを果たします。若干28歳の彼が発表したのは、当時は技術的に複雑すぎたため珍しかった、トゥールビヨン機能を組み込んだ腕時計でした。トゥールビヨン機能を組み込んだフランク・ミュラー氏の製作したこの腕時計は、当時の時計業界に大きな驚きをもって迎えられ、フランク・ミュラー氏は「ブレゲの再来」「黄金の腕を持つ男」などの賞賛を浴びることとなりました。

フランク・ミュラー氏会社設立

フランク・ミュラー氏は1992年に自身の会社 フランクミュラーを設立し、時計の量産を始めます。最初の成功作はトノーカーベックスと呼ばれる樽型の時計でした。当時すでに存在したトノー=樽型のケースを手首の湾曲に合わせて一体感が出るように湾曲させただけでなく、どの方向から見ても立体的な曲線美が感じられるようにデザインされて、曲線の織り成す美しさがエレガントな上品さを醸し出した時計でした。

マスタースクエア発表

絶妙の曲線美によるトノーカーペックスの時計デザインで大成功を収めたフランクミュラーですが、その後はしばらく曲線を強調することなく、2段式ベゼルのコンキスタドール、レクタンギュラーケースのロングアイランドと、直線を交えて存在感を示すようなデザインが続きます。
そして2000年のロングアイランド発表から5年後、ロングアイランドのイメージを残しながらもさらに存在感を加えるべく2005年にマスタースクエアが発表されました。

マスタースクエアはその名の通り、ロングアイランドの4辺の長さを同じにした正方形のモデルです。正方形で腕に付けられるためにその存在感は格別ですが、それでも湾曲したケースは腕になじみやすく、ケースの直線部分と絶妙にマッチしています。また、真四角の文字盤の中心部分から、まるでスポットライトが一直線に照らし出すような放射線状の広がりは、見る者の目を吸い込むような印象があります。
インデックスに使用される数字もフランクミュラー独特のビザン文字で、バーインデックスのモデルと同様に、古典的な美しさを残しつつ洗練されたバランスを感じます。マスタースクエアは、シリーズとしてあまり数は多くなく、ボーイズサイズもないのですが、ほぼ正方形のケースデザインは、メンズはもちろん、レディスサイズであっても十分な存在感を感じます。
レディスサイズとして6002S型(33mm☓26.5mm) 6002L型(36.5mm☓29mm) 6002M型(41.5mm☓33mm)の3種類、メンズサイズとして6000型 (46mm☓36.5mm) 6000king型(52mm☓42mm)の2種類があります。

須賀質店が取り扱うフランクミュラーマスタースクエア

須賀質店ではフランクミュラー(FRANCK MULLER)マスタースクエアの時計については全てのモデルで、新型はもちろん中古品でも何十年前のモデルでも買取を強化しています。フランクミュラー(FRANCK MULLER)マスタースクエアの時計であれば、附属品や箱、保証書が無くても買取、質入れできるので、安心して須賀質店にお持ちください。カサブランカに限らずマスタースクエアの時計で、並行輸入品を購入した場合、日本の正規代理店の取り扱いはしてもらえません。特に部品交換を伴う修理は国内の代理店は並行輸入品を受け付けないので、メンテナンスや修理に多くの時間と費用がかかります。しかし、須賀質店ではこうした「メーカーが並行輸入品の修理の受けない時計」でも修理できるルートがあるので、他店で断られた場合でもご相談してください。
フランクミュラー(FRANCK MULLER)マスタースクエアは、それほど多くの種類はありませんが、メンズモデル、レディスモデル共に独特の存在感があるので高価買取査定、高価質入れ査定が期待できるので、安心して買取、質入れ共にお任せください。
須賀質店は、創業大正9年 まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。特に、フランクミュラーの様な並行輸入品の修理を正規代理店が受け付けない時計でも、修理できるルートを確保しました。さらに、都内に3店舗、池袋、渋谷、五反田と、いずれも駅から徒歩圏に店舗があります。他社で低い査定価格しか付かなかった時でもあきらめずに須賀質店に相談してみてください。フランクミュラー(FRANCK MULLER)マスタースクエアの時計の高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせくださいますようお願いいたします。