ROLEX

ロレックス(取扱い品目一覧)

デイトナ、サブマリーナ、シードゥエラー、GMT マスター
エクスプローラ、ヨットマスター、ターノグラフ、ミルガウスなど
長年培った鑑定眼で、誠実に高価査定させて頂きます。
ロレックス
創業 大正 9 年の老舗ロレックスの質入れ・買取なら、須賀質店にお任せください

須賀質店ではロレックス(ROLEX)の時計はどのモデルでも、新型はもちろん数十年前の古いモデルでも買取を強化しています。 ロレックスの時計であれば、附属品や箱、保証書が無くても、壊れて動かない時計でも買取、質入れ可能です。

 

 

須賀質店は、創業大正9年。まもなく創業100年になる質屋で、長い歴史の中で全国の高級時計オークション市場の落札結果を収集、分析して業界最高値を提示するシステムを作り上げました。 また、海外のオークション市場や外国人バイヤーの情報も取り入れて、業界最高買取価格、質入れ価格の提示に努めています。 ロレックスの高価買取、高価質入れをご希望であれば、須賀質店にお問い合わせください。

ロレックスの査定相場

Rolex(ロレックス)は商品の状態、人気度、付属品の有無によって、買取査定額は上下することがあります。 ホームページの記載のロレックス査定価格とおりに買取をできない場合がありますので、参考としてご覧くださいますようにお願いいたします。 ※質入れのRolex(ロレックス)査定額は、買取査定額より若干下回ります。

ロレックス 取扱い品目一覧
デイトナ
DATONA
シードゥエラー
SEEDWELLER
サブマリーナ
SUBMARINER
GMTマスター
GMTMASTER
エクスプローラー
EXPLORER
ヨットマスター
YACHTMASTER
ミルガウス
MILGAUS
ターノグラフ
TURNOGRAPH
スカイドゥエラー
SKYDEADERROR
エアキング
AIRKING
デイデイト
DAYDATE
デイトジャスト
DATEJUST
オイスターパーペチュアル
OYSTERPERPETUAL
チェリーニ
CHERINI
ディープシー
DEEPSEA
GMTマスターⅡ
GMTMASTER2
エクスプローラーⅡ
EXPLORER2
ヨットマスターⅡ
YACHTMASTER2
ヨットマスターボーイズ
YACHTMASTERBOYS
ヨットマスターレディース
YACHTMASTERLADIES
レディースデイトジャスト
LADIESDATEJUST
レディースパーペチュアル
LADIESPERPETUAL
ボーイズデイトジャスト
BOYSSDATEJUST
ロレックスの査定のポイント
ロレックス社誕生までの逸話

1905年のこと、ひとりの若者によってイギリスロンドンの時計会社が設立されました。 若者の名はハンス・ウィルスドルフ、設立された会社は”ウィルスドルフ&デイビス社”とよばれ、後の世界一流の時計メーカーに成長したロレックス(ROLEX)の前身です。

 

 

当時は時計といえば懐中時計を指していた時代に、ハンス・ウィルスドルフは将来の腕時計全盛の時代を予想していたのでしょう、数々の革新的な機能を備えた時計を発表します。 1907年にはスイスのジュネーブに事務所を移転し、本格的に腕時計の製造を開始します。

 

 

イギリスからスイスに会社を移転したのは、当時イギリスの関税は非常に高く、商売ができなかったことが理由といわれています。 1908年にはロレックス(ROLEX)社として時計の製造を始めて、1910年には腕時計として初のクロノメーターの認証を受けて、周囲を驚かせました。

 

 

当時は時計をいうと懐中時計を指し、腕時計の精度や使い勝手については大きな期待を持たれていない時代だったので、新興メーカーのロレックス(ROLEX)の腕時計がクロノメーターの認証が受けられたということで、ロレックス(ROLEX)の名前が人々に知れ渡るようになりました。

ロレックス 3つの革新的機能の開発

ロレックス(ROLEX)の革新的取り組みはクロノメーター認証だけにとどまりません。その後も3つの驚くべき機能を発表します。

 

 

1つ目は1926年に開発したオイスターケース、2つ目が1931年に開発した自動巻き機能パーペチュアル、3つ目が12時の瞬時にデイトが切り替わるデイトジャスト機能です。

 

 

当時の腕時計は懐中時計を腕に巻きつける程度の扱いで、防水性能は無いに等しく、巻き上げについても手巻きが当たり前の時代でした。 その中で、ロレックス(ROLEX)の3つの革新的開発は驚きをもって受け止められました。

 

 

当時のスイス時計メーカーはロレックスの革新的開発姿勢を異端児的な扱いをするものも少なくなかったようです。 そのためロレックス(ROLEX)は、メルセデス・グライツ嬢のドーバー海峡横断時にロレックス(ROLEX)の時計の装着を提案したり、ヒラリー卿のエベレスト登頂時にもロレックス(ROLEX)の時計の装着を提案したりして、新興の時計メーカーとしての挑戦的イメージのアピールを行ったといわれています。

 

 

ロレックス(ROLEX)の革新的開発への取り組みや、未知や未踏への挑戦的イメージが一般に知れ渡るようになり、その後ロレックス(ROLEX)はスポーツウォッチという他の時計メーカーが当時扱わなかった機械式時計メーカーとして、大きく発展してゆきました。

ロレックス買取をお考えであれば須賀質店にお任せください

ロレックス買取をお考えで、ロレックスを高く売るならば、創業大正9年の質屋 須賀質店にお問い合わせください。

 

 

ロレックスには人気のあるスポーツモデルであるデイトナをはじめ、サブマリーナエクスプローラ、GMTマスター、ヨットマスターなど、多数のモデルがあり、またドレスウォッチとしてデイデイト、デイトジャスト、パーペチュアルデイトなどが存在しています。

 

ロレックスを高く売るなら、高価買取をお考えならば須賀質店へ

須賀質店では、最新のロレックス買取相場を多数集めて精査し、常に最新の高価買取相場を研究しています。ロレックス買取で、他社の買取価格にご満足いただけなかったお客様は、ぜひ須賀質店にロレックス買取をご相談になってみてください。

 

 

須賀質店は五反田、渋谷、池袋と都内で3店舗で営業しています。また、店頭にお越しいただけないお客様には郵送買取のシステムを用意していますので、メールやラインで買取価格や郵送買取のシステムをご確認の上ご利用ください。

ロレックス買取で須賀質店が選ばれる5つの理由

①永年多数のロレックス買取を扱った実績

創業大正9年の質屋なので、この間に多数の品物を買取や質入れで扱ってきました。そのためにロレックス買取件数は業界トップクラスといえます。様々な状態のロレックスを買取した経験から、高価買取のノウハウを積み上げてきました。     ロレックス買取を行う須賀質店の店頭 須賀質店はこんな質屋です←詳しくはこちら

 

 

②世界中のロレックス買取相場を精査

日本の中古ロレックスの時計は、日本はもとより世界中で高い重要があります。須賀質店では永年積み上げたグローバルな販売ネットワークを生かして、世界水準の高価買取査定価格を実現しています。

世界中のロレックス買取相場を精査

世界水準の高価買取価格はこうして集める←詳しくはこちら

 

 

③変化する相場を早期に買取価格に反映

ロレックスの買取相場は日々変化していて、現在は高値で安定している状態といえます。永年積み上げたグローバルな情報網から得られた、最新の相場やトレンドを店頭の買取業務に反映できる仕組みを作り上げました。

 

 

④最新買取相場を熟知した査定員が常駐

ロレックスは人気時計のためにニセモノが出回りやすい時計である上に、金無垢のモデルやヴィンテージのモデルは高額査定になるために、経験や知識のない査定員は高価買取査定額を出すことができません。

 

 

須賀質店の査定員は、こうしたレアなロレックスや高額査定価格になるロレックスも取り扱えるように、十分な経験と知識を身に着けた査定員が店頭に常駐しています。     最新買取相場を熟知した査定員 どうすればロレックスは高く売れるのか←詳しくはこちら

 

 

⑤専任の技術者にメンテナンスを依頼

実績と技術力のある時計修理技術者に、買取したロレックスのメンテナンスを依頼できる体制があるので、どのような状態のロレックスでも取り扱いが可能です。

 

 

多数の傷がある、ガラスが割れている、リューズがない、水没させてしまった等、いずれも修理可能な時計です。ロレックスの時計はロレックス正規店しか取り扱えないとお考えの方もいらっしゃるようですが、正規店でなくとも高い技術のメンテナンスを受けることは可能です。また、ロレックスの買取ではなく、ロレックスのオーバーホールや修理だけをお考えの方もご相談ください。

ロレックス買取の須賀質店はこんな質屋です

須賀質店は創業大正9年 東京西五反田で創業しました。創業後まもなく、東五反田に移転し昭和46年から現在の東五反田1丁目で営業を続けています。大正9年が創業なので、創業から100年を超える質屋ということになります。

 

 

ロレックス高価買取の須賀質店 質屋なのでロレックスのような高級腕時計だけでなく、ブランドバッグ、金やプラチナなど貴金属、ダイヤモンド、エメラルド、ルビー、サファイアといった宝石類、ブランドジェリーといった、さまざまな高額品を扱いますが、最近ではスマートフォン、パソコン、デジタルカメラといった家電製品の取り扱いも増えてきました。

 

 

質屋は持ち込まれた品物を預かってお金を貸すのが仕事ですが、鑑定をする能力は質入れも買取も同じなので買取の仕事もできます。須賀質店は、以前より時計の取扱量が多かったので、ロレックスについては質入れと同じように買取も行ってきました。

 

 

ロレックスサブマリーナを高価買取 最近では、チェーン展開しているブランド買取店がとても増えたので、質屋で買取ができることをご存じない方も多いと思いますが、ブランド買取店がたくさんできる以前から質屋を買取の仕事を行ってきました。

 

 

特に須賀質店は時計の取扱量が多く、その中でもロレックスの買取や質入れの件数は圧倒的に多い質屋なので、ロレックスの高価買取をお考えで、少しでも高く売りたいとお考えであれば、ぜひお問い合わせくださいますようにお願いいたします。

世界水準の高価買取価格の集め方

ロレックスの買取相場価格は、どのようにして収集するのでしょうか。中古品のロレックスは、日本だけでなく世界中で取引されています。ロレックスの時計は、何十年も前の時計でも普通に売買されているので新品に比べて中古品の数量の方が圧倒的に多いのです。

 

 

①ロレックスの業者専用オークション落札価格が買取価格を決める

ロレックスの流通にかかわる業者は、ロレックスの業者専門オークションの落札相場を常にチェックしています。このロレックスの業者専門オークション市場は、古物取引の免許をもったプロの業者のみが参加できる中古ロレックスの取引の場所のことです。

 

 

ロレックス買取オークションに参加中の業者 オークション市場ですから、ロレックスを買いたい買手とロレックスを売りたい売手がオークション形式で競り合って、出品されているロレックスに落札価格が付いてゆきます。この落札価格が中古ロレックスの買取相場として業者間に認知されることになるのです。

 

 

また、このロレックスの業者専門オークションは日本だけでなく世界中に存在して、ロレックスは毎日たくさんの数量の取引がされることになりますが、取引されるオークション市場によって落札価格は変わってきます。

 

 

例えば、新品や新品に近いロレックスが高値落札されるオークション、スポーツモデルが高値落札されるオークション、古くてメンテナンスが必要なくらい傷んだロレックスが高値落札されるオークションなど、オークション市場によって特色があるのです。

 

 

②ロレックスの業者専用オークション落札価格をウォッチして最高値の落札価格を精査する

もしロレックスの買取業者が、ロレックスの最高値落札価格を集めようと思えば、世界中で行われている業者専門のロレックスオークション市場の落札結果を丁寧に精査すれば良いことになりますね。

 

 

須賀質店では、永年積み上げたグローバルな取引ルートや情報網から、広くオークションのロレックス落札価格を集めて、常にロレックスの査定相場を調査し店頭の買取価格に反映させています。

ロレックス買取で高く売る方法

購入した時のロレックスの箱、コマ、保証書は一緒に持ってゆく

ロレックスに限ったことではありませんが、購入した時の時計の箱、ブレスレットのコマ、取り扱い説明書などは、一緒に持って行った方が買取価格が上がる可能性が高いです。特にロレックスの場合、保証書がある場合とない場合で、買取査定価格が大幅に変わることがあるので、保証書は特に忘れずに一緒に持ってゆきましょう。

 

 

ロレックス買取で重要な付属品

ロレックス買取に持ち込む前に、時計は出来る限りきれいにしておく

普段から腕につけていたロレックスは、どんなにきれいに使っていても汚れてくるものです。ベゼルやブレスレットについた傷は、皆さんではどうすることもできませんが、黒く汚れた汚れを落とすだけでも、査定員の印象はまったく違ってくるものです。

 

 

ロレックスを高価買取してもらうためにきれいに磨く 時計の汚れを落とす方法は、使わなくなった歯ブラシに石鹸水を付けて軽くブラッシングしてみることです。必要以上に石鹸水を付けずに、汚れが浮き上がってきたら雑巾で汚れをふき取りましょう。作業の前にリューズが締まっていることも確認してください。

 

 

使わなくなったロレックスは、なるべく早めに売る

もし皆さんが、使わなくなったロレックスを所有しているのであれば、できる限り早めに買取を考えて売ってしまうことをお勧めします。気に入ったロレックスで、これからも使う予定があるのであれば、無理に売ることはありませんが、ロレックスとはいえ古くなれば買取査定価格は下がってくるものです。     ロレックス買取価格が下がってしまう ロレックスを集めるのが趣味であるという方以外は、これからも使わないロレックスは高価買取査定額が付くうちに売ってしまった方が良いかもしれません。

ロレックスの買取価格について「ここが知りたい!」

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。現役の質屋として、毎日ロレックスの買取や質入れに携わってきていますが、皆さんからよく聞かれる質問についてQ&A方式でお答えしてみたいと思います。皆さんのロレックス買取に少しでもお役に立てば、幸いです。

 

 

ロレックス買取のQ&A

①ロレックスの買取相場はおよそどのくらい?

ロレックスの時計は世界中で人気があり、どのモデルであっても高価買取査定価格が期待できます。現在市場で取引されている時計は40年くらい前のモデルもあり、それ以上古いロレックスはアンティークロレックスとして、発売時の価格よりもはるかに高い金額で取引されているモデルもあります。

 

 

 

ロレックスの買取相場は、幅広い年代のモデルが流通しているので、定価に対して〇〇%と言い切ることができないので、個別に調査することが必要です。また、現行モデルのロレックスの多くは品薄のために、定価以上の価格が買取相場になることもあります。

 

 

ロレックス買取価格が上昇中

②ロレックスの買取相場は流行に左右されるものですか?

ロレックスの時計は流通量が多く、知名度も高く人気があるために、時計としての資産価値を認められた時計といえます。時計としての高い資産価値を認められているので、ロレックスの買取相場は流行やトレンドなどに大きく影響を受けることはありません。ロレックスの定番商品といわれるモデルであれば、買取相場は高値で安定しているといえます。

 

 

③ロレックスの買取相場は、何が大きく関係しているの?

最近のロレックスの買取価格上昇の原因は、品薄になっていることが大きいです。需要に対して市場に出回っているロレックスの数量が少ないので、特に新型モデルの買取相場価格が上昇しています。

 

 

ロレックス買取に影響する要因

また、モデルチェンジを控えた最終モデルなども、高値で取引される傾向がありますが、モデル名と製造年がわかれば買取相場はある程度決まってきます。意外に影響を与える要素として「為替」があります。ロレックスは外国製の時計なので、外国通貨と円の為替の影響を受けるのです。

 

 

④傷があったり動かないロレックスは売れないの?

傷があったり動かないロレックスであっても、修理することができるレベルであれば、買取価格への影響は少ないといえます。ロレックスは流通量が多いので、部品の入手が比較的容易にできる時計なので、余程大きなダメージを受けているロレックスでない限りは買取が可能になります。

 

 

壊れたロレックスも買取できる

須賀質店では、技術力の高い時計技術者と提携して、修理費用を抑えて高価買取ができる体制にしているのでご相談ください。

 

 

⑤使用頻度にランクがあるようですが、どういうものですか?

中古ロレックスのランク分けとして、新品をN、未使用品をS、普通に使用され状態の良い中古品をA、普通の中古品をB、状態の悪いものをC等、ランク分けが存在します。同じAランクであってもSよりのAランクなのか、BよりのAランクなのか、細かな差があります。

 

 

⑥付属品の有無は買取価格に影響しますか?

ロレックスを新品で購入すると、箱、ブレスレットを調整するコマ、保証書、取り扱い説明書などが付いてきますが、これらは一緒にお持ちいただいた方が高価買取ができる可能性があります。

 

 

ロレックス買取で重要な保証書

特に、最近の買取の現場では、ロレックスの保証書のある、なしが買取価格に大きな影響を与えるようになっているので、保証書はぜひともお持ちになってください。

 

 

⑦円相場の為替がロレックスの買取に影響を与えるって本当ですか?

ロレックスの時計は外国製品なので、円が外国通貨よりも安くなると、外国での価格は同じでも国内の中古価格は高くなる傾向になります。同様の理屈で円高になると、買取価格は安くなる傾向にあります。

 

 

ただ、最近ではロレックスの人気上昇と品薄状態の影響の方が大きくて、ロレックスの中古価格、買取価格とも高くなる傾向にあります。

ロレックスデイトナ買取査定価格
モデル名 型番 ケース+ブレス素材 保証書 上限買取査定額
デイトナ 116500LN ステンレス あり 2,400,000円(上限)